ゴルフ!アイアンでボールが上がりすぎる??、なんでやねん!?

今回は、アイアンでボールが上がりすぎる??なんでやねん?というお話です。んん・・ボールが上がるからええやん!!と思いますが、結果思ったほど飛距離が出ません。

アイアンで打った打球の飛距離が思ったほど出ない、ボールが上がらないと思って頑張って練習していたら今度は打球が上がりすぎて飛距離が出ない?どうします??。

地を這う強烈なゴロも困るし、ボールが上がりすぎて飛距離が出ないのも困る、なんとかならんかというお話です。

せっかくボールが打てるようになったのに、アイアンでボールが上がりすぎる??なんでやねん?という、ゴルフ打ちっぱなし練習場・・ある日の私の思い出です!!(笑)。

そんな、アイアンでボールが上がりすぎる??どうします??・・解決方法の徹底調査です。

ところで・・松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2019年8月06日現在、27位というところです、賞金額はトータル、265万2,371ドル(約2億8,200万円)となっています。

8月8日~4日間の「ザ・ノーザントラスト・チャンピオンシップ」(リバティーナショナルGC・ニュージャージー州)からはフェデックスポイントランキング順でカットアウトされる全3戦のプレーオフシリーズに突入します。

(出場人数ポイント上位125人、カットライン予選2日目時点で70位タイまで)

最終日、首位に7打差の通算7アンダー17位からスタートしました。結果、1イーグル1バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「72」とスコアを1つ落とし、通算6アンダー30位タイで4日間を終えています。(^^)/

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、ゴルフが生活の一部になってしまったアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、「アイアンでボールが上がりすぎる??なんでやねん?・・」というわけで、意外に簡単な解決方法、コツのお話です!。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ アイアン 上がりすぎ(気持ち良く・・ナイスチョット!!打ちたい。)

■アイアンでボールが上がりすぎる??、原因。

アイアンでボールが上がりすぎる原因、なんやと思います??。それはほとんどコレです!!

❒アイアンでスイングすると、ボールが上がりすぎる原因

第1位 世間でよく言われている、ダウンブローにボールをつぶすように打つ!!

第2位 ボールをつぶすために、しっかり、正確にクラブを当てに行く!!

第3位 打球を遠くに飛ばそうと、しっかりフィニッシュまでクラブを振る!!

そうなんです!!すべて、世間では正しいといわれているお話です。

ただ、ちょっと違うのは見た目のイメージと実際のスイングイメージの違いです。

世間で言われるイメージは、あくまでアイアンのスイングが上手い、しっかり打球も飛ぶ、プロのようなヒトのスイングを見て、見たままを言葉にした感じです。

結果的にそう見える・・という事です。そう見えるようにスイングするためには、どうするか??です。

「ゴルフの常識は、世間の非常識です。」

何度も言いますが、見た目のイメージと実際のスイングイメージは違います。その違いが、わたしら素人、初心者にはわかりにくく、同じようにカタチを真似てやって見ても上手く行かないのがゴルフです。

あくまで、上記の第1位~第3位までは、プロのようなヒトのスイングを見て、見たままを言葉にした感じです。

コレをそのままやって見ようと思ったら、アイアンでスイングすると、ボールが上がりすぎる・・ということになります。

ゴルフ アイアン 上がりすぎ(結果的にダウンブローになるのは・・イイ!!)

第1位のダウンブローにボールをつぶすように打とうとすると、意識的にボールを叩くイメージのスイングになって、手にチカラが入り、正確にボールに当てようと手と腕だけでクラブをダウンスイングする感じになります。

第2位にも関連するのですが、しっかりキッチリ当てようとスイングすると、体重移動などデキルワケが無く、バックスイングしたときのまま、右足に体重が残ったままダウンスイングする事になります。

すると、よく言われているとうにボールに対してアイアンのロフトが寝た状態、フェイス面が比較的上を向いた状態でボールを打つ事になります。

なので、結果打球は思ったよりも高く上がる、アイアンでボールが上がりすぎる原因となります。

また、第3位のように、しっかりフィニッシュまでクラブを振ろうと思うと、やっぱり腕に余計なチカラ入って、バックスイングしたときのまま、右足に体重が残ったままダウンスイングする事になります。

ゴルフ アイアン 上がりすぎ(意識して狙いに行くと・・失敗する(>_<)

ほんならどうしたらええのん?というお話ですが、見た目を真似するのではなく、実際のスイングイメージを変える事が一番大切になります。

「ゴルフの常識は、世間の非常識です。」ゴルフスイングは、何かに付けそんな感じです。一般的な見た目でイメージする感じと、実際のスイングする場合のイメージ、感覚がかなり違います。

■アイアンでボールが上がりすぎる??、解決方法。

アイアンでボールが上がりすぎる??どうします??なんでやねん?。んん・・ボールが上がるからええやん!!と思いますが、結果思ったほど飛距離が出ません。大変です。

原因もわかったところで、解決方法です!!

スイングの最下点をボールの先、飛球線方向にイメージしてスイングする事なのですが、もちろんそれだけで、アイアンで打った打球がいままでよりも安定してくれば・・しめたものですね!!

でも、実際はなかなかそう上手くは行きません。

わたしらの実体験では、わたしら素人はそのくらいのアドバイスでは、思い通りの打球は打つ事ができませんでした。

ゴルフ アイアン 上がりすぎ(飛球線方向に押し込むインパクト・・)

そこでわたしらが、実際できた解決方法です。

素人のオッサンが言うことなので、真剣にならないで下さい(笑)。適当に聞いて下さいね!。

❒アイアンでボールが上がりすぎる??最適、解決方法です。

ボールを飛ばそうと思わない!!(なんじゃそりゃ??)

・・そうなんです。

ボールを強く飛ばそうと思わず、ボールの先、飛球線方向に20cm四方くらいの四角い枠をイメージして、その枠の中にボールを押し込む!!。

ボールの先、飛球線方向に打ちっぱなし練習場のボールかごをイメージして、かごの中にボールを押し込むイメージで打つことです。

ゴルフ アイアン 上がりすぎ(押し込むイメージの長いインパクト・・です)

飛ばしてやろう、飛距離を出そうというイメージよりも、最下点をボールの先に意識して、飛球線方向の先に押し込むイメージです。

よく言われる、スイングのなかでインパクトをボールを打つ点で意識せず、スイングの中での通過点と思ってスイングします。これも「ゴルフの常識は、一般的な非常識」のひとつです。

押し込むイメージでスイングすると、点では無い、ながーいインパクトが完成します。

結果、スイングすると、うまく適正なバックスピンがボールにかかって、ボールはアイアンのロフト角度とヘッドスピードに応じてうまく飛んで行きます。

❒・・とういことで、結論!!

(1)最下点をボールの先にイメージして、スイングする。

(2)ボールを、ムリに飛ばそうと思わない。

(3)飛球線前方に20cm四方くらいの四角い枠をイメージして、その枠の中にボールを押し込む。

そんなお話をすると、「いやいや、そんな飛ばそうなんて思ってないです!!」という皆様が結構いますが、思っていなくても、実際カラダが反応します。

飛ばそうと思って、強く打とうとか、ヘッドスピードを上げようと頑張ってアイアンを手で振ると、ボールを叩きに行くイメージが強くなります。

しっかりボールを狙ってスイングすると、なぜか、しっかり右足体重のまま、手だけでボールめがけてクラブをスイングする事になります。

ゴルフってそんなスポーツですよね?(笑)。

初心者ゴルフの基本的考え方、それは「真逆」です!そうなんです。

ゴルフの常識は、一般的な非常識です。いかがでしょうかぁ??

■アイアンでボールが上がりすぎる??わかりやすい動画。(おまけ付き)

❒打球が吹け上がる「謎の症状」を解決したい 【安藤秀&コンバインドプレーン理論】(Youtube動画)

アイアンの打球が、放物線を描き飛距離が出ず悩んでいる・・という、お話での解説です。わかりやすいです、いかがでしょうかぁ??

❒アイアンの球筋が高いのですが、どの様な原因が考えられるのでしょうか?(Youtube動画)

ティーチングプロ・・坂本龍楠プロの、ゴルフレッスン動画です。アイアンの球筋が高い場合、 単純な問題としては、クラブのロフトが上を向いた状態のままボールに当たってしまっている事が原因です。 そうなってしまう要因を解説して下さってます。

おまけです!!

❒山本誠二プロのゴルフスイング3分クリニックvol.1(Youtube動画)おまけです!!

いつもシャンクやシャンクやと言ってるアナタ!!それは、たまたまのシャンク?では無くて、アナタの手打ちが原因です。これで、スイングイメージを変えて、キッチリ打てるようにしましょう。いかがでしょうかぁ??

■アイアンでボールが上がりすぎる??、スイングの基本的考え方です。

アイアンでボールが上がりすぎる原因の解決方法です。ズバリ、見た目を真似するのではなく、実際のスイングイメージを変える事が一番大切になります。

一般的な見た目でイメージする感じと、実際のスイングする場合のイメージ、感覚がかなり違います。「ゴルフの常識は、世間の非常識です。」ゴルフスイングは、何かに付けそんな感じです。

こんな記事もあります・・スイングイメージが変わります

初心者ゴルフの基本的考え方、それは「真逆」です!(その1)

とにかくバシット、ゴルフクラブでボールが打てる。気持ち良くタマが飛ぶ。ゴルフクラブにボールが当たる。

その練習方法は何が、どこが、どう違うのか、などなど。そんなお話がわかればいいのですが・・。調べて見ました。いかがでしょうか?。

❒「ゴルフ初心者さんのスイングの考え方、それは「真逆」です!(その2)

指導者、インストラクター自らが苦労して技術を身につけた方ほど、意外と難しいレッスンをして、生徒さんを惑わす?そんな指導者がけっこう多いように思います。生徒に負けたくないんです。(笑)

「アンタが言うようにできるようにするためには、だからどうしたらええねん??と言いたくなりませんか・・」だからこそ、初心者だからこそ、ゴルフの基本的スイングのイメージを変えましょう!!

■まず、PGA賞金王になるまで応援するでぇ~

今回は、アイアンでボールが上がりすぎる??なんでやねん?というお話でした。

ゴルフは意外と見て覚える・・は、不向きです。

動き、動作として目に見える形は同じでも、その動作をするための意識、考え方がゴルフは特に大事です。

目の前に見える目標とするスイングが、カラダのどこを、どんな風に意識して動かしているのか?、実際聞いて確認しながらできれば一番良いのですが・・。

それでもヒトはヒト、なかなか同じイメージというのは言葉やゼスチャーでも伝わりにくいモノですね!。

なので、正しいレッスンが絶対必要です。見た目だけで判断せず、できる限りシンプルに考え練習しましょう。引いて戻すパター、アプローチ・・原点です。

わたしらはホンマに「アイアンがへたやなぁ~」と思っていたのが、「いやいやそうでもないでぇ!」に変わるきっかけになるかも知れません。練習あるのみです!!。

コレで鬼に金棒!!習うより慣れろ!!です。習慣になるまで、練習あるのみです!!

とかなんとかイイながら、ゴルフは明るく!楽しく!!元気よく!!楽しみましょう!!(^^)/

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。いつもたくさんの「いいね!」ありがとうございます。

こちらの記事も多く読まれています!