ゴルフ!ドライバースイング、初心者の飛距離アップ・特別編。

今回は、ゴルフドライバーのスイング、初心者の飛距離アップ特別編です。なんかたいそうなお話です。初心者の方々が最初に悩むドライバーの打ち方、飛距離アップのわかりやすいコツです。

初心者がドライバーのスイング、打ち方で、飛距離を簡単に出す、そのわかりやすいコツ

実際どうスイングするのがいいのか、今さらのドライバーの打ち方初心者特別編。わたしらも、初心者の時はわけもわからずやってました。

もうチョット教えてくれていたら・・、もうチョットこんなアドバイスをもらっていたら、あんなに苦労はしなかったのに・・なんて、今になって思います。

他の人がドライバーを振り回しているのを見ると、めっちゃ簡単に見える。すごく軽く振っているように見える。打ったボールはめちゃくちゃ飛んでいく。こんなガンバッテいるのになんでわたしら初心者の打球は飛ばんのか??。

なんかゴルフの初心者のドライバーの打ち方とわかりやすい飛距離アップのコツのが、真実がわかり易い、そんなお話がわかればいいのですが・・。調べて見ました。いかがでしょうか?。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、初心者のドライバー打ち方と飛距離アップのコツのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング(いろいろありますが初心者特別編です)

■あなたは・・どんな初心者の方ですか??

このブログを見ていただいている、あなたはどんな方ですか?。初心者といえども、わたしらのように60歳を超えた、オッサンですか?。ゴルフの経験が少しはありますか?。初心者と言いながら、練習場に2、3回行った程度ですか?。

いやいや結構練習しているけれど、なかなかうまく行かない、もっと上手くなりたいと思っている向上心の塊のような初心者の方ですか?。

まだまったくドライバーとか、ゴルフクラブなんか握った事もない、とにかくちょっとやってみようかな?と想っている初心者の方ですか?。

男性ですか、女性ですか?。そうです、こうやって書いているだけで、いろんな対象になる方々がおられます。が、取りあえず初心者特別編初心者の皆さんのために、できるだけ迷わずさっさと上手くなってほしい!

そんな願いを込めて、わたしら初心者の先輩がいろいろ徹底調査をして、エッセンスを、ゴルフドライバーの打ち方の真髄をまとめて見ました。いかがでしょうかぁ?初心者特別編。

わたしらの経験から思う事は、やっぱり小さい時に、小学生、中学生くらいの時に、野球・ソフトボール・卓球・テニス・もちろんゴルフも含めて、何か道具を持ってスイングしながらボール、球を打つスポーツを経験しているヒトは、基本自分のカラダで腕を振ってボールを打つということがわかっている

カラダが覚えているので、ボールが動いていようが止まっていようが、いったん始めるとカラダが上手く反応します。そうじゃないわたしらは苦労しました。

カラダ、体幹の筋肉を使って、腕を振ってボールを打つという感覚がまったくわかりませんでした。手でクラブを持って思いっきり振ればボールが飛ぶ?と思っていたので、それは大変な初心者でした。

腕にチカラを入れれば入れるほど、カラダが疲れて、肩が痛くて1時間もボールを打っているともうダウンします。

チカラを入れるカラダの場所、どれくらいチカラを入れるのか入れるレベル、スイングのどの辺りでチカラ入れるのかそのポイント、そんな感覚がなかなかコトバではわからない。

ゴルフスイングという一つの動作の見た目と実際やっていることのチカラの入れ具合とそうするためのイメージ、この辺のお話しができればと思っています。いかがでしょうかぁ?

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング(上田桃子プロのスイングイメージ)

■とりあえず、これ一度見て下さい・・動画です。

ドライバーの記事です。打ち方のお話です。

ゴルフ!ドライバー、初心者もわかりやすい、打ち方とコツ!

2021.01.01

そして・・そっから、初心者に特化したお話しです。

❒初心者編#4 ドラコン王者安楽拓也プロの飛距離アップレッスン(Youtube 動画)


(正しいアドレスの取り方です。)

■初心者に特化した、ドライバースイングの絶対!外せないところ

❒アドレス(構えかた)初心者特別編

(1)両足の足幅
一般的に言われている足幅よりも少し狭くしてみる、するとカラダが回転しやすくなります。下半身はいつでも動ける軽いフットワークのあるイメージ。

テニスや、バレーボールのサーブを受ける感じ、両足幅の間隔も動きやすいを優先しましょう
どっしり構えるという解説書もありますが、初心者はここが違います。

(2)両足の体重のかけ方
カラダの軸を右に傾向けて、あらかじめ右足に体重をのせ、ボールは中心寄りに決めましょう。右足と左足のバランスは右足7:左足3くらいにしてみましょう。そんな感覚です。

左足カカト線上とは限りません。初心者はここが違います。

❒飛距離を出すために力まないでスイングする3つの方法とは?(Youtube 動画)

 

(3)カラダのチカラを抜く、チカラの抜き方

●背すじを伸ばして、首を右側にかしげる、傾ける。先ほどの「カラダの軸を右に傾向けて、あらかじめ右足に体重をのせる」と同じイメージになります、肩が回りやすくなります

●腕のチカラを抜くために、腹筋など胴回りにチカラを入れる。ドローイングするようにお腹を引っ込める。

●カラダが軽く回転するように、(1)番と同じですが足幅を回転しやすいように若干狭く調整する。

ちょっと違う決め方は、先にフィニッシュの形をとって、両太腿もちゃんとくっつけてフィニッシュをとった姿勢から、逆に戻って構えた時の足幅を自分の基準にする方法もあります。

足幅が広いと、カラダに何となくチカラも入る、左右の移動も増える、フィニッシュとりにくいなど、結構余計な問題が出てきます。足幅は回転しやすい、自分の気持ちの良いところを探して下さい。

❒❒腕のチカラ、グリップのチカラを抜くために

(1)左尻を背中側に引くパワーで体幹軸を中心に意識して上体を回転させましょう。言うのはカンタンですが、少しづつトライして見て下さい。右尻を後ろに引きながら、バックスイングです。

(2)バックスイングでグリップを右肩のヨコに止めたまま、左尻を背中側引くだけの動きの練習をしましょう。

(3)左尻を背中側にイッキに引く動き(お腹を左に振る動き)をきっかけにダウンスイング。

バックスイングを上げたまま、グリップを右肩のヨコに止めたまま、グリップをできるだけユルユルにします。あくまでもグリップの位置は右肩ヨコです。

そのままお腹をアドレスの位置まで戻しましょう、それから左尻を背中側に引きましょう。

アドレスの時とは体勢がかなり違いますが、大丈夫です。ゆっくりやって見ると勝手にグリップがボールの位置まで来ます。腕を自分から動かさなくても勝手にグリップがボールの位置まで来ます。

上体が体幹軸を中心にどんな動きをするか確かめましょう。腕のチカラ、グリップのチカラを抜いて実験しましょう。❒❒


❒【ゴルフレッスン】上田桃子伝授!チカラが正しく伝わる下半身の使い方(YouTube動画)
お尻の動かし方のヒント!です。

(4)背すじを伸ばす
普通で結構です。前屈みではない程度です。背すじを伸ばすというと、腰を反って伸ばしているヒトを見かけますが、そこまではしなくても、でも背すじは伸ばす。背伸び?する感じ・・いかがでしょうかぁ?

(5)脇を締める
脇を締める、コレはよくゴルフで言われますが正解は、「両腕上腕の上腕三頭筋側を胸に付けるようにする事」を、脇を締めると表現します。

立った姿勢で両腕をグリップした形でカラダの前に伸ばしてから、地面の方に下げてくると、そんな感じになります。(二の腕をオッパイの上にのせる・・・これかな?)

載せたときの胸に対する押しつけ具合は、最初はヘッドカバーでも挟んで覚えて下さい。結構重要。

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング

(上腕三頭筋ってコレ!)

(6)肘の内側を上向きにする
上記⑤番の脇を締めた形をとると、肘の内側が上というか、肘がカラダの方を向いた姿勢になります。こうすることでスイングしたときに腕の動きがスムースになります。初心者はここが大切。

スタンスができたら、カラダのリキミ、チカラを抜いて脇を締めて小さく体幹で回るイメージです。腕とクラブは勝手に振られている感じなんですが・・・そんなスグにはわかりにくいと思います。ゆっくりドライバーを振ってみて感じて下さい。

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング(正面からみると右肘結構曲げて、飛球線と平行にします)

思いっきり全身に力を入れてスイングしてみてから、手・腕・肩・首など意識してチカラを抜いていくという方法もアリです。

❒スイング(クラブの振り方)初心者特別編

(1)ゴルフクラブ、ドライバーをゆっくり振ってみる
ドライバーのように長いクラブを手や腕だけで、早く振る事は無理なので、脇を締めてカラダ、体幹の回転力で振って見ましょう。

カラダを体幹を中心軸として、バックスイングからフィニッシュまでクラブヘッドがスムースに動く、回転する位置、動く位置をみつけましょう。

☆☆グリップのお話をしていなかったのですが・・・力加減は思いっきりギュッと握った時が10としたら3くらいってよく言われます。

ギュッと握ると、手・手首・前腕・上腕・肩までも力入りませんか?その力を8,7,6と抜いていくと3くらいで指でグリップを支えている感じで、スタンスを取って構えている感じです。

左手は脱力した腕を自然にカラダの横に伸ばした時できるての形でクラブのグリップを握る。
右手は薬指と中指でシャフトを引っかける感じでOK+親指は上からシャフトにかぶせるように、ソフトにのせる感じです。

右手の親指の付け根と左手の親指の付け根がピッタリくっつくと思うのですが、きつく付けるのではありませんがスイングの最初から最後まで離れるのはよくないので、小さく折りたたんだレシートをこの間に挟んで落ちないようにスイングするというレッスンがありました。試す価値大です!。いかがでしょうかぁ~初心者はここが大切。

グリップそんなソフトに持ってたら、「バックスイングも持ち上げられへんやん」というお話しもありますが、右手の薬指と中指でシャフトを支えながら。

少しずつバックスイング上げると同時に3・4・5とグリッププレッシャー、圧力が少し上がる感じです。バックスイングトップで6くらいですか?

そこからダウンスイングに移って、インパクト時に最大10のグリッププレッシャーになる感じです。

左腕を伸ばしたまま、右鎖骨を後ろに回すように意識して体幹でカラダをねじ曲げてくると、手でグリップをしっかり、がっちり握らなくても、勝手にクラブがバックスイングできませんか?いかがでしょうかぁ~。

詳しくは下記の記事を一度御確認下さい。たぶん・・知りたい事が分かります!!

ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。

2020.08.06

❒ゴルフクラブの水平素振り、ゴルフスイング今井純太郎プロ(Youtube 動画)

 

(2)水平素振りを覚える
水平素振りを理解すると、バックスイングからフィニッシュまでの腕の使い方、肘の使い方がわかると思います。バックスイングのトップがどうのとか、フィニッシュがどうのとかは後で考えましょう。

(3)水平素振りの感覚から、上体を前傾して、ゆっくり振ってみる、スイングする
水平素振りの感覚から、上体を股関節から前傾していくとクラブヘッドが地面についてアドレスの形ができます。
水平素振りの感覚を忘れないように前傾したまま、ゆっくりスイングしてみます。素振りです。

体幹で回転する感覚が分かれば最高ですが・・・目標です。

素振りの時は、ボールはありませんがボールの位置を意識してスイングしましょう。ボールの位置とそこから飛球線後方に30cm程度できれば床にガムテープなどを貼って、バックスイングのヘッドの動かしかたを目でみて理解できると思います。

ドライバーの打ち方の解説書などを見るとよく書かれているのが、「バックスイングの最初30cmをまっすぐ後ろにクラブヘッドを引く」などよく書かれています。そうすることで、水平素振りの時にやった腕の動きと同じように、肩・左腕が動きます。

❒初心者編#6 ドラコン王者安楽拓也プロの飛距離アップレッスン(Youtube 動画)

 

(4)振ったら、スイングしたらボールに当たる感覚を覚える

●ボールを打とうとか、飛ばそうとか思わなくて、スイングする方法として、一つはセットアップが完了した時点で、自分の目線をボールでは無くクラブヘッドとシャフトのつなぎ目あたりの方向に向けたままスイングする。

直接ボールは見ないので当てに行く感覚は無くなります。スイングに集中できます。

●右足の太腿は動かさないとか、両ヒザの曲げ具合は保つとか、体幹を意識してスイングするとか、いろいろありますがここではボールがどこへ行こうとも、カラダ、体幹を使ってスイングする感覚。ボールを打つ感覚に意識を集中しましょう。

●アドレスからフィニッシュまで、1拍子で「いーい~ち」でイッキにゆったりスイングします。

●スイングの流れを一つのものとして考えてスイングするという方法です。

■練習場でドライバーでボールを打って練習するときの注意点です

(1)両足、右足と左足の足幅のなかでカラダを回転させてスイングする

そんなん当たり前やん!と思うか方が大半ですが、実際はドライバーを思いっきり振ると、上半身がスイングの勢いでクラブと一緒にボールの飛んでいく方向に引っ張られて行きます。

確かに最後フィニッシュは、左足に体重を乗せてスイングが終わるのですが、ボールをヒットする瞬間、打つ時は違います。左足でしっかりスイングの遠心力に負けないように踏ん張ります。土踏まずあたりで踏ん張ります。

足を踏ん張るためにはカラダ、頭などが左足よりもボールの飛んでいく方向に対して後ろにあることが大切になります。ビハインド・ザ・ボールというヤツです。

なので、最初に構えた時の体重配分右足7:左足3を意識しながら、左足を踏み込んで、踏ん張ってスイングしましょう。

イメージは飛球線方向に「まっすぐ横たわる重い、重い棒」を後ろからクラブヘッドで押すイメージです。飛距離も出ます。

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング(頭がビハインド・ザ・ボールです)

(2)ボールを打つ瞬間に息を吐きながら、スイングする

違う言い方をすると、「ぱーん」とか「ど~ん」とか声を出してもOKです。「ハッ!」とか「フッ!」とか息を吐くだけでも効果があります。初心者と思っている間は有効です。

無駄なチカラが抜けます。意識していないと、結構息を止めている方が多いと思います。思いっきり力んでいます。やめましょう。

(3)本当は1番大事なルーティーン・手順

ドライバーだけではありませんが、スイングしてボールを打つ練習をする場合できるだけ自分のルーティンを何度も繰り返してその流れでボールを打つ練習をしましょう。初心者だからと言わず。

まったくボールに当たらない時はまだまだルーティンは無理ですが、それでも自分がボールを打って飛ばす方向、距離は別として、目標を決めて練習する事は絶対必要です。少し当たるようになってきたらやって見ましょう。

ココは、いつもの打ちっぱなし練習場の打席・・だと、考える。

●ティアップしたボールの後方からボールとボールを飛ばす目標を直線で見て打つ方向を決める。

●方向が決まったら、ボールの飛球線、飛んでいく方向30cmくらい先の地面になにか目印を見つける。

●決めた目印とボールを結ぶ飛球線に対して直角に右手でドライバーを持って、クラブフェイスを合わせる。

●両肩、腰、両膝を飛球線に対して平行になるようにアドレスする。

●両足を広げスタンスをとって、リズム・タイミングをとってスイングする。

●ちゃんと構えたのだから、後は目を閉じていても振ったら当たる!ボールが飛んで行くと考える。

素振りの時もお話ししましたが、ボールの位置とそこから飛球線後方に30cm程度できれば床にガムテープなどを貼って、バックスイングのヘッドの動かしかたを目で確認しながらスイングする練習ができるとよりスムースに練習できると思います。

実際ゴルフ場でラウンドすると、毎回景色も変わる、地面の傾斜も変わる、目標も変わる、当たり前ですが何もかもまわりの環境が変わるので、ルーティンさえやればいつも同じスイングができるように練習します。

実際のラウンドでは練習場のように、ばんばん球を打てません、ほとんどが他の人のスイングや打球を見ているか、ボールを探しているか、移動しているかです。

なので、ルーティンをすればいつも同じイメージで、落ち着いて、スイングができるようにするために練習しましょう。自分のボールを飛ばすのは、あなたです。

❐練習場とラウンドを同じイメージでつなぐための、最新情報です。コレさえマスターすれば、練習場と同じイメージでゴルフ場でもスイングできます!!。

ゴルフ練習場では打てるのに、コースでは打てない!!この違いはなに?!

2022.09.18

 

(4)ドライバーでの飛距離アップの方法

先ほどから何度もお話しをしていますが、最大のポイントは「腕のチカラを抜く」ことと、「体幹の回転力で最後フィニッシュまで振り切る」事です

そんなん当たり前やん!と思いますが、最後フィニッシュまで振り切るというのは素振りではできても、ボールを飛ばそうと思うとやりにくいものです。初心者特別編。

❒❒腕のチカラ、グリップのチカラを抜くために

(1)左尻を背中側に引くパワーで体幹軸を中心に意識して上体を回転させましょう。言うのはカンタンですが、少しづつトライして見て下さい。右尻を後ろに引きながら、バックスイングです。

(2)クラブヘッドを飛球線後方に30cm(右足先前くらい)まで引き、そのあとハーフウェイバックの位置までしっかり飛球線後方に押し出す。そのあとも・・

左尻を背中側に引くパワーでカラダ(上半身・右肩)を右背中側に回転して行くと、左手のグリップに自動的にコックが入りグリップが右肩ヨコ辺りにきます。

(3)ここで、バックスイングでグリップを右肩のヨコに止めたまま、左尻を背中側引くだけの動きの練習をしましょう。

(4)左尻を背中側にイッキに引く動き(お腹を左に振る動き)をきっかけにダウンスイング。

バックスイングを上げたまま、グリップを右肩のヨコに止めたまま、グリップをできるだけユルユルにします。あくまでもグリップの位置は右肩ヨコです。

そのままお腹をアドレスの位置まで戻しましょう、それから左尻を背中側に引きましょう。

アドレスの時とは体勢がかなり違いますが、大丈夫です。ゆっくりやって見ると勝手にグリップがボールの位置まで来ます。腕を自分から動かさなくても勝手にグリップがボールの位置まで来ます。

このイメージがわかったら、次は実際にゆっくりバックスイングしたあと、イッキに左尻を背中側に引く動きで勝手にダウンスイングからフォロー、フィニッシュまでやって見ましょう。

上体が体幹軸を中心にどんな動きをするか確かめましょう。腕のチカラ、グリップのチカラを抜いて実験しましょう。❒❒

とんでもないヘッドスピードで、ドライバーがスイングできて、気持ちに良い打球が打てます。いかがでしょうかぁ??。

ゴルフ ドライバー 初心者 飛距離 スイング

■どうしてもうまく行かない時のポイント

(1)カラダにチカラが入っている →ボールを打つ前に一度思いっきりチカラ入れて振ってから、構えましょう。グリップを握る力をユルユルにする。

(2)ボールをよく見ていない →ボールの飛んで行く方向が気になって、クラブヘッドがボールの方向に振れているか見ていない。

(3)スイング軌道が安定していない →最下点の仮想のボールを押し込むイメージでスイングする。スイング全体のなかで、クラブヘッドが勝手にボールを打ちに行くわけです。

ボールを上げよう、ボールを打とうと、意識すると失敗します。

ただ打つイメージよりもボールの先、飛球線方向に小さいの直径20cmくらいの穴がボールの方向を向いて口を開けていて、その穴にボールを打ち込むイメージでスイングをする感じ。インパクトゾーンが長くなります。コツです。

ゴルフは「真逆」の動きということが、よく言われます。グリップは強く握らない、左手右手とも、中指・薬指だけで持つ感じ。

ボールを飛ばそう、上げようと思うほど、すくい上げるのではなく、クラブのロフトを信じて飛球線方向にボールを押し込む

体幹を意識して回転してスイングをするのですが、そしてバックスイングはあくまでも飛球線後方にまず、ヘッドを「まっすぐ引く」です。「あげる」は、忘れましょう!引けば引くほど勝手に上がります。

実際のラウンドでは、ついついガンバッテしまう事がすべて、ことごとく失敗する事になります。

❒松山英樹のスイング分析 ドライバーです。(Youtube 動画)
イメージはコレに集約しています・・

 

■まとめです・・

ゴルフドライバー初心者特別編ということで、初心者向け?ドライバーの打ち方とか、飛距離の出し方など盛りだくさんでしたが、ゴルフというのはよく言われる 「ゴルフは真逆」。

見た目で言われるやらなければいけない事と、実際やることの意識、イメージが違うので、ボールを飛ばすことだけと言えばそれまでですが、クラブヘッドの付き方が普通ではナイので大変です。

たかがスイングされどスイング。グリップの時も言ってましたけど・・

今回は、どちらかというとゆっくりスイングして、腕と手のチカラが抜けた気持ちいいスイングに任せて、振ったら当たる感覚から、ドライバーの打ち方を覚えるという方法です。初心者特別編。

一瞬のスイングの世界にいろいろ考えるとゴチャゴチャ考えない、実際考えられない。ゴルフってドライバーのスイング一つとっても、まだまだ話はホントのところ尽きません。

練習の時はしっかり考えて、ラウンドの時はスイングのことはあえて考えず感覚に任せた方がよいのか、そんなことを考えながらもゴルフは楽しく、明るく、元気にやりましょう!!ね。

松山英樹スケジュール予定確認表2022-23【11/23更新】最新版

2022.11.23

❐FaceBookもやってます。こちらです!!「ゴルフ通信!松山英樹応援ブログ 出張所

❐Twitterも何とかやってます、よろしくお願い致します!!「山田佳男@ゴルフ!松山英樹

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。