初心者ゴルフのスイングの考え方、それは「真逆」です!(その2)

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今回は、「ゴルフ初心者さんのスイングの考え方」です。ゴルフするぞ!とガンバって見たものの、どうも思っていたようには行かない。そんなお話の第2弾です

「ゴルフ初心者さんのスイングの考え方」、基本的なスイングの考え方です。見た目でアーノコーノ言う解説はたくさん世間には溢れていますが、実際自分がそれをやろうとしたときに、どこに注意してどう動けばその通りにできるのか。ゴルフは見た目と実際スイングするヒトのイメージがかなり違います。

イメージ、その力の入れ具合がなかなか言葉では初心者には実際わかりにくい。ゴルフってどうなってるんや~、どうしたらええんや~!という皆さんのために、そんな話を一発解消するためのお話を、いろいろ徹底調査してみたいと思います。

■ゴルフは真逆??、そうなんです!!

❐スイング(ドライバー)のお話です。

❒スイング(ドライバー)

ゴルフでドライバーを持ってスイングするためのエンジンってどこなんでしょう??腕、足、胴体いろいろな説明解説が世間には溢れています。全部正解かも知れませんが、自分には理解出来ないってありませんか?。

たぶん胴体、体幹を軸としたカラダ上半身だと思っていました、だから下半身をどっしりと構えてお腹を振る、胸を回すそんな感じで腕を振ってボールをたたきに行ってました。

けど、思うほど飛びません、必死でやってもヘッドスピード38m/秒くらいがマックスです。なのでコレはいったいどうなってるんやといろいろ徹底調査して見ました。

近頃、安楽拓也プロがよく言われています。両肘の内側を前に向ける・・自分のカラダに対してボールの方向ですね。

この形を意識すると上腕が上手く胸の上に乗ってきます。

コレをゴルフをする人たちは「脇を締める」と表現します。要注意です。わざわざ上腕に力を入れる必要はありませんが・・。

慣れれば上体と腕が一体化してスイングしやすくなります。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

★バックスイング

バックスイングのエンジンは右のお尻です。右尻を後ろに引きながら、右肘も後ろに引くようしてバックスイングを上げます(上げるという言葉はちょっとちがう)。

右肘も後ろに引くようにすると、結果的に見方によっては上がっているように見える!コレが正解です。(グリップで考えると飛球線後方に引いて行きます。自分の肩よりは背中側行かないイメージです。)

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引くこの画像を前から見ると、手の位置が上がった?上げたように見えますが、実際やってるイメージは体幹を中心に右肘や右腰をカラダの後ろ(背中側)に引くイメージです。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

カラダが前傾しているので、手の位置が上がったように見えるだけです。実際は体幹を中心に右肘や右腰をカラダの後ろ(背中側)に引くイメージです。

上げると思ってバックスイングするのと、右肘を背中側に引くと思ってバックスイングするのとでは、大きな違いです。

考え方、意識がカラダの動きを変えてしまいます。

なぜなら、意識的に上げると下ろしてからヨコに振る動作が発生します。後ろに引いただけの動作ならアドレスの位置に戻す動作だけでスイングできます。

右肘を背中側に引く=胸を右側(飛球線後方に回す)=背中を左側(飛球線前方に回す)=右鎖骨を体幹中心に後ろに回す=左肩をあごの下に持ってくる、全部同じ見た目です。

(左肩があごの下に来るのは・・結果です)

●体幹、背骨中心で上半身が回転する前提でのお話です。

●右足大腿部、太腿で回転する上半身を支える=右太腿が動かないので自動的に右股関節に上半身と下半身のねじれが出て体重が股関節に乗った感じがする。

●トップでスイングを止めて、意識すれば右足拇指丘(土踏まず)とか右股関節に上半身の体重が感じられる。

右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けていると、グリッププレッシャーや両脇を無理に締め付ける事を忘れられる。

●右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けていると、グリップや腕のチカラが抜ける。

●右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けていると、最低限のグリッププレッシャーがどれくらいかわかってくる。(アドレスの時の半分くらい)

●右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けていると、クラブが手から抜けない最小限のグリッププレッシャーに挑戦出来る。トップで左手親指でシャフトを支えます。

●右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けていると、体幹を回した結果、腕とクラブを最小限のパワーで振り上げるイメージがわかる。

●トップがどこ?とかの意識がなくなる。ダウンスイングに変わるところがトップらしい。

トップの意識は、グリップの位置がこれ以上カラダ(胸)から離せないと言うほど遠い位置に来たところ?そんなイメージです。68歳のオッサンは右肩辺りにグリップが来たところです。

●下半身と上半身、ヒザ腰とバックスイングが全体的に飛球線後方に動くと「バックスイング・スエー」と言われます。

●スエーとは、右肘と右尻を背中側後ろに引きながら、グリップをカラダから遠い位置にバックスイングすることとは違います。

●右肘と右尻を後ろに引くことに意識を向けて、体幹を回した結果、腕とクラブを最小限のパワーで動かすイメージを体感して下さい。(練習方法)

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

★ダウンスイング(戻すスイング・・)

ダウンスイング・・では無くて、あえていうなら、アドレスの最下点に戻すスイング!!

ダウンスイングのエンジンは左のお尻です。左尻を後ろに引く時の一瞬のパワーで上半身をダウンスイングに引っ張ってきます。

左のお尻を背中側後ろに引くパワーで上半身にダウンスイングをさせます。

●上半身は左尻のパワーに引っ張られてダウンスイングします。

●上半身は左尻のパワーに引っ張られてグリップが勝手にダウンスイングするときに、上半身が勝手に回転します。

●背骨が回転軸のイメージなので背筋は比較的まっすぐ伸びている方が回転しやすくなります。

●猫背で前傾していると、スイングするパワー、遠心力に負けてインパクト直前から上半身が起き上がってしまいます。

●意識は体幹軸の回転なので、強いて言うなら目線は飛球線後方右足前くらいの方が、右足に体重が残って良い感じです。

●意識は体幹軸の回転なので、強いて言うなら目線は飛球線後方右足前くらいの方が、右足に体重が残ってカラダ上半身が開かず思いっきりボールを叩けます。

●意識はアドレスで、構えたときの背筋を伸ばした前傾を保ったままの体幹軸の回転です。

●前傾を保ったまま、左尻の回転パワーで右側にある上半身を引きずり下ろして来るイメージです。

●体幹軸で「でんでん太鼓」の紐のついたバチの部分(両腕)を振る感じです。バックスイングで出来た手首のコックもそのままに、前傾を保ったまま、左尻の回転パワーで上半身を引きずって来るイメージです。

❐近頃は地面反力と言うことが世間で一番よく言われて言います。一番わかりやすいやり方は、バックスイングをして、グリップが右肩辺りに来たら、シャフトを左手親指で支えます。

そのままの位置で、左足カカトを踏みます。踏んだ勢い、踏んだタイミングでカラダ(お腹)をアドレスの位置に戻すイメージで回すと、勝手にグリップがアドレスの位置に戻ってきます。

左足カカトを踏んだタイミングで、左足のヒザが伸びて、そのパワーでグリップが動くイメージを練習してください。上半身ユルユル、グリップユルユルで練習しましょう。❐

●結果インパクト辺りで左脇が締まる感じがします。左尻が後ろに回ったところで、上半身がまだボールを打とうとするくらいの状態なので、そんな感じがします。

●ボールに集中しすぎたり、背骨が猫背になっていると、回転したとき右肩が下がってダフリます。

●右手にチカラが入って、自分からボールを打ちに行くと、ボールが飛びません。

●右手にチカラが入って、自分からボールを打ちに行くと、フィニッシュまでカラダが回りません。ボールも飛びません。

●微妙な右手のひら、人指し指付け根でシャフトを押す感じでフェイスの向きをコントロールするイメージです。

イメージとか感じばっかりでスミマセン。ホント、ダウンスイングと言うかいったん、左足カカトを踏んで左尻が動くとフィニッシュ!!まであっという間なので、〇〇な感じ・・としか言いようがありません。

それでも、初心者のわたしらが言ってることなので、100%正解では無いと思います。でもまったくウソでもありません。

左尻のパワーで、エンジンでダウンスイングするようになって、確実にフィニッシュまでクラブが振れるようになりました。

体幹軸での回転が、アドレスの前傾が上手くそのまま維持出来たときは、かなりの飛距離も出ます。

あくまでもボールを上げようとせず、飛球線前方に押し込むイメージを持って、左尻のエンジンパワーで腕の意識を忘れて振り込んでいきます。

飛球線前方に押し込むイメージを持っていると、前傾も起き上がりにくいように思います。

●全体の流れにリズムをもってテンポ良くスイングすれば上手くいくように思います。

●左尻でイッキに行く前に左足カカトをバックスイングと同時に少し上げて、カカトを踏み込むタイミングで左尻を動かしてパワーを出すという方もおられます。いかがでしょうかぁ??

●グリップをトップの位置、切り返しの位置に上げたまま、左のお尻を背中側後ろに引く動作を行ってイメージを体感して下さい。(練習方法)

❒切り返しで変わる!?下半身リードが出来ない人へ。体で覚える切り返しの○○素振り(YouTube動画)【8分13秒】

『下半身リードを呼び込む〗ための”切り返し”のやり方です!。 下半身リードと聞くと、どうしても下半身の動きを意識しがちですが、上半身の使い方も非常に重要になってきます。

どうすれば勝手に上半身が付いてくるのか?、飛距離アップには欠かせない”下半身リード”の具体的な練習方法です。

さっきお話していた、左尻を背中側に回転させながら骨盤を左に回します。その勢いに引っ張られて上半身のグリップ、両腕が、胸の前でボールの方向に勝手に降りてくれば・・の方法です。

 

★インパクト

インパクトはアドレスの再現ではないと、よく言われます。まったく同じカタチではありません。

インパクトの時上半身はまだ両腕と共にインパクトの瞬間ですが、下半身はすでに左尻が後ろに回って上半身を引っ張ってきたカタチになっていると思います。あくまでも、他の方がやってる画像を見て、「だろう」と、想像しているだけですが・・。

●ポイントは一つ、ティーは高め、地面から5cmでいまやっています。ボールの位置はいろいろ試して見て下さい。振ったらフツーに当たるところです。

●当てに行くのでは無くて、当たるところです。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

★フォロースイング

あくまでもボールを上げようとせず、飛球線前方に押し込むイメージを持って、左尻のエンジンパワーで腕の意識を忘れて振り込んでいきます。

飛球線前方に押し込むイメージを持っていると、クラブヘッドのフェイス面が飛球線前方を向くようで?スライスも出なくなります。あくまでも上半身が体幹軸で回るイメージを持ちましょう。

●上手く回転できれば、ちゃんとフィニッシュもできて、ボールもまっすぐ飛ぶ!と考えましょう。

●回転する動力は左尻です。回転する軸は体幹、背骨です。どこまで腕、手のチカラが向けるか?が勝負の分かれ目です。

それでもスライスが出ると言う方は、もっとグリップのチカラを抜きましょう、どこまで抜けるかが勝負です。ドライバーが手を離して飛んでいっても大丈夫なところで実験してみてください。

●手の力は抜けたけれど上手く左肘がたためない、左肘が先に引ける、最後までスイングが回転できない、そんな皆さんは、インパクトからフォローにかけて左手の中指・薬指に力を入れてみましょう。

●ホントのところはまだまだ右手の力が抜けていないので、結果左手がたためない?左肘が先に引ける・・と言うことになりやすいです。いかがでしょうかぁ??

●グリップの詳しいお話です・・

ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。

2024.02.23

左尻のパワーのお話、イメージとか感じばっかりでスミマセン。ホント、ダウンスイング(戻すスイング)と言うかいったん左尻が動くとフィニッシュ!!まであっという間なので、〇〇な感じ・・としか言いようがありません。

■松山英樹の動画で確認・・ゴルフは真逆?

❒松山英樹プロのスイング分析   【DRIVER】(YouTube動画)
2分20秒あたりから、後方から見た映像になります。お尻の動き方見て下さい。右のお尻を後ろ(背中側)に引いて、バックスイング。左のお尻を後ろ(背中側)に引いてフォロースイングと思って見て下さい。

❒2010年日本女子オープン練習2(YouTube動画)
右のお尻を引いてバックスイング、左のお尻を引いて打つ。いかがでしょうかぁ??

■ゴルフは真逆??、ほんまです・・

❐スイング(アイアン)のお話です。

❒スイング(アイアン)

基本ドライバーや3W、5W、7Wと同じなので、何とも言えないのですが強いて言うならフルスイングはあまり考えないので、バックスイングとフォロースイングが体幹軸を中心に同じ感覚でスイングするイメージです。

あくまでイメージです。実際は必ず思っているより、遠心力、反動で大きなスイングになります。

●フォロースイングを出していく方向を意識する。ダウンブローにボールを押し込んでいくのですがその後、体幹軸を中心に円運動になる方向にフォローをして行きます。

●フォロースイングの方向が正しくないとボールも思ったところに飛んで行きません。

●フォロースイングから逆戻しにバックスイングの方向を確認するのも良い方法です。

●「ライン出しショット」とかよく言う、コントロールショットをする場合は、ボールは中央、クラブの番手も1番手上げて、スイングを意識してゆっくり、フォロースイングは腰の位置で飛球線方向で止めるイメージです。

(大きなアプローチ・・のイメージが、わかりやすいと思います)

●「ライン出しショット」もバックスイングとフォロースイングが体幹軸を中心に同じ感覚でスイングするイメージです。

(アナタ思うアプローチが30ヤードなら、30ヤード以上はアイアンショットのアプローチです。)

●パワーの源は左尻です。いかがでしょうかぁ??

●ハーフショット、9時~3時のスイング練習を日頃からやってると、腕のチカラが抜けてカラダで振るイメージが分かってきます。

意外な思い込み??として、バックスイングしたクラブのフェイスをアドレスの位置に戻さなければボールにちゃんと当たらない??と無意識に思っていませんか?。

●バックスイングしたら、そのままのグリップでクラブシャフトがボールの横を通り過ぎるようにスイングしてみてください。なぜかちゃんと当たります。(グリップが正しければ・・です)

●当てようと思っていなくても、ダウンスイングするだけでちゃんと当たります。なのでユルユルグリップでOKです。(グリップが正しければ・・です)

●バックスイングしたら、トップのままで左足カカトを踏んだタイミングで、最後フィニッシュまでイッキに振りましょう!!。スイングリズムが大切です。

❐打ちっぱなし練習のイメージをラウンドにつなぐモノ

●打ちっぱなし練習はそこそこ上手く打てるけど、ラウンドするとなーんか上手く行かない??。ラウンドと打ちっぱなし練習をつなぐキーワードは「スイングリズム」です。

●例えば、「ドレミファ・ソー」とか、ドレミファでバックスイングして、ソーでダウンスイングからイッキに最後までスイングします。一度自分に合うスイングリズムを探して見てください。

●一般的には「Gol-Mu」という、基本的なスイングリズムのダウンロード版があります。PCにて解凍後、MP3プレイヤーやスマートフォン等に転送して使用します。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

❐アプローチのお話です・・

❒アプローチ

一番のポイントは通常アナタが思ってる立ち位置よりもボールに近づきましょう、ウェッジ、ゴルフクラブのシャフトとグリップが、見た目垂直に近くなっているような感じです。

最初は正直、スイングやりずらいです。スイングできる範囲でできるだけボールに近づきましょう。後はバックスイング上げていつも通りスイングするだけです。

バックスイングはあくまでも飛球線後方にまっすぐ引く。バックスイングとフォロースイングを同じ振り幅にする。いかがでしょうかぁ??

❒❒近頃思っているのは、転がすアプローチといいながら、思いながら頭の高さ以上にボール上げてませんか??ボールがグリーンに落ちてから転がるから、転がすアプローチ??ではありません!!。

転がすアプローチとは・・、高くても腰、ヒザ、くらいの高さにボールを揃えて前に押し出すアプローチです。ピッチングや、8番アイアンでフォローを上げない、押し出すアプローチやって見て下さい。

メッチャうまいこと行きます!!。信じられんくらい寄ります!!。アナタの感覚が勝負です!!

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

❐バンカーショットのお話です・・

❒バンカーショット

バンカーショットとにかくいろいろあーのこーのやり方、方法、コツあります。そのときの砂の状態、ボールの位置などで方法も変わるのでなかなか説明も難しくなるのだと思います。

100%脱出出来るバンカーショットというと、初心者のわたしらには難し過ぎるので出来ません。

75%は確実に一発で脱出できるバンカーショットならわかります。コレです!!いかがでしょうかぁ??

一番のポイントは通常の立ち位置よりもボールに近づきましょう、ウェッジ、ゴルフクラブのシャフトとグリップが、見た目垂直に近くなっているような感じです。

最初は正直、スイングやりずらいです。スイングできる範囲でできるだけボールに近づきましょう。後はバックスイング上げてボールの手前にリーディングエッジを上から打ち込みます。

バンカーの砂を打つことになるので、ボールの飛距離は通常の1/3程度と思って最後までしっかりスイングしましょう。

ボールのことは忘れて砂を飛ばしましょう。

1/3程度しかボールが飛ばない?ということは、3倍飛ばすつもりのスイングをする、ということになります。ただしボールを打ってしまうと、ホームランになります!!(笑)。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

●バンカーショットの基本と言えば、スタンスはスクエア、足場を固めて、体重を左足に乗せる。

●フェイスを開いてからグリップする。(フェイスを開く?クラブのリーディングエッジを自分と反対側に向ける)

●ハンドレイト、手首の位置をボールの位置よりも後ろに構える、左足先に近いところにボールを置く感じ。

●ハンドレイト、ボールの位置が左足先線上に近いところになるように、手首の位置をボールの位置よりも後ろに構えるイメージ。

●ハンドレイト、クラブヘッドがグリップ手元よりも見た目、前にある感じです。

●あとは下半身固めて、上半身だけで手打ちOKです。

ボールの方向性、どの辺にボールが飛んでいくのかそのイメージは何度か練習してつかんで見て下さい。

一回で脱出するイメージ、チカラの入れ具合、スイングする方向などがわかってくると、どこを向いてスイングすれば、どこにボールが飛ぶのかわかってきます。練習しましょう。

■初心者だからこそ、ゴルフの考え方を変えましょう!!

❐初心者だからこそ、考え方変えましょう!!

今までたくさんのゴルフ本を読んで、たくさんのゴルフDVDも見て、いろいろゴルフレッスンも受けやってはみたけれど結果やっぱり自分の思い通り、思っているイメージの打球が打てない。ゴルフ初心者さんのスイングの考え方。

初心者ゴルフの基本的考え方、それは「真逆」です!(その1)

2024.04.25

・・その1はこちらです

そんな皆様へ、初心者だからしょうが無いと思っていませんか?たまたまですが、わたしらのお話ですみません。

小学校の頃から水泳一筋そんな、なんたらチャンピオンにもなったことはありませんが、体育系の大学にも行ったわたしらが、50歳を越えてもたまたま巡り会ったゴルフというスポーツ。

水泳ばっかりやってたおかげか?ソフトボールとか野球とかそんな学校時代に友達とたまたま遊ぶという事も無く育ったそんなわたしらからすると、バットを振り回すとかクラブを振り回すとかいう運動もまったく始めての50歳でした。

当時体育会系の大学でも、陸上・水泳・スキー・スケート・球技・体操・ダンス・格技は必修科目でそこそこやったものの、ゴルフには巡り合わなかったんですねぇ、ふしぎな感じです。神様が老後のお楽しみを残しておいてくれたのか?。

そんなわけで、まさしく今めちゃくちゃ楽しい人生になっているワケですが、もっと若い時にもしゴルフとやらに巡り合って一度でも打ちっぱなしなんかやってたら、どうなっていたのでしょうね。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

そんなお話はおいといて、わたしらも初心者です。初心者だからこそ、ゴルフの考え方をチョット変えて見ましょう。

❐なぜそう思うのかというと・・

それはなぜそう思うかといいますと、水泳を世間の皆様にレッスンするお仕事を長くやっているときにもよく思ったのです。

仕事柄、水泳の教本とか、ビデオ解説映像とかをよく見るのですが、実際そこそこ泳げる自分からしてみると、ちょっと違うなと思うことがけっこうあるんです。ゴルフ初心者さんのスイングの考え方。

もちろんほとんどが正しい泳ぎ方の解説、内容の説明をされているのですが、説明の方法とか解説の方法になんかわかりずらい、実際に泳げる立場からするとムリのある説明、解説がけっこうあるんです。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

説明不足、解説下手、表現足らず、などなど仕方ないといえばそれまでですが、万人に完璧にわかりやすく伝えるなんて最初から無理とは思いますが、そこを何とかしてみたいと思っていました。

わたしらがやっていた水泳のインストラクターというのは、いかに世間で言われている水泳のレッスンメカニズムを、できるだけいろいろな皆様にわかりやすくお伝えして、すぐに泳げるようになっていただくか、ということでした。

水泳もゴルフも、とにかくうまくなってしまうと、もう悩んで苦しんだ初心者時代を忘れてしまいます。

現在いまインストラクター、指導者といわれる方々も結構そうなんです。ゴルフ初心者さんのスイングの考え方。

あえて指導者となった時に改めて指導方法など、レッスン方法を勉強して指導者として成り立つ場合がほとんどです。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

そこに指導者のココロがあって、基本の指導方法を目の前にいる生徒さんにあわせてレッスン方法を変化させる、すぐに上達させられる、そんな事ができる指導者ならいいのですが、いかがでしょうかぁ??。

指導者、インストラクター自らが苦労して技術を身につけた方ほど、意外と難しいレッスンをして、生徒さんを惑わす?そんな指導者がけっこう多いように思います。

(心の底で・・)生徒さんに・・負けたくないんです。(笑)

「アンタが言うようにできるようにするためには、だからどうしたらええねん??と言いたくなりませんか・・」

だからこそ、初心者だからこそ、ゴルフの基本的スイングの考え方を変えましょう!!今日はこれくらいにしましょう。

■まとめです・・

初心者の時って、いろいろ教えてもらえるんですけど、なかなか困っているアナタの立場で教えてくれるヒトは少ないです。というのも、みんな初心者の時に困ったこと、条件、内容、考え方が違うからです。

たぶん教えてくれている事は、自分の時はこうやった・・ということだけです。本人が思い出しているだけです。ヒントにはなるんでしょうけどね。なかなか上手くいきません。

ゴルフの常識は世間の非常識!?。ボールを打つというよりは、先にしっかり(弓を引くように)バックスイングして、緩めたときのパワーで勝手に当たるようにする。

ボールを叩かない(打たない)ので、グリップはユルユルの方がクラブがしっかり振れてボールが飛ばせる。などなど・・ゴルフの常識は世間の非常識!?です。

ゴルフ 初心者 スイング 考え方 その2 右尻引く

水泳が取りあえず泳げるようになってからが健康に、ダイエットにと効果がでるのと同様に、ゴルフはボールが打てるようになってからが、本当のスタートです。

実際のラウンドでのその時々の状況で自分のスイングができるかどうかが、本当の楽しさと結果に繋がってきます。

ゴルフはラウンドできるようになってからも、ヒトは欲望の塊で(笑)、よくいえば向上心の塊で(爆笑)、つねにいつもできなかった、だめやったと反省ばっかりすることになります。

練習はしっかりやって基礎固め、ラウンドは状況に応じて目標に対して自分の知識、体力に合わせて臨機応変に対応する。言葉で言うのは簡単ですが、目の前に現実があると頭真っ白になって忘れてしまいます。ガンバリましょう!。

松山英樹スケジュール試合予定確認表2024【07/13更新】最新版

2024.07.13

❐FaceBookもやってます。こちらです!!「ゴルフ通信!松山英樹応援ブログ 出張所

❐Twitterも何とかやってます、よろしくお願い致します!!「山田佳男@ゴルフ!松山英樹

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。