ゴルフ練習で野球のバットって、使った事ありますか??

今回の応援ブログは、野球のバットもしくはそれに似たゴルフ練習用の素振りバットを使って、素振りゴルフ練習で早く上手くなる方法です。

そんなゴルフの素振りゴルフ練習は実際クラブさえあればデキルと言えばできます。

極論すれば、クラブが無くてもバスタオルやバットなど長い棒があれば、何か振れるモノがあれば素振りゴルフ練習は十分可能です。

ボールを意識せず、理想のゴルフスイングをイメージしながら、いつでもどこでも、何度でもできます。しかも無料、タダでできる素振りゴルフ練習方法です。

ただただ、無心に何度も何度もタオルや棒を振り回すのも何もしないよりは、体力増強などの効果もあったりすると思いますが、ちょっと意識を変えると効果倍増する事もあります。

そんな中、特にバット、野球のバットやゴルフ練習用の素振りバットを使ってデキル、ゴルフ練習で一番上達が早い!!、素振り練習方法をいろいろ徹底調査してみました。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、そしてゴルフに頑張るアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、「ゴルフ練習で野球のバットや素振りバットの練習」のお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

■実際素振りは何でもデキルが、なぜ野球バット素振りなのか??

そうなんです、ゴルフ練習で素振りの練習というのは、実際タオルの素振りや、短めの重いクラブを振ったり、素振り専用の重いスティックなどいろいろあります!。

ゴルフ練習 野球バット(素振り専用バット、なんやかんや)

❐その目的目標は?

いろんなモノを使って、素振り練習がデキルのですが、なぜ今回は野球バット素振りなのかです。結局のところ,目的目標は、体幹強化とヘッドスピードアップです。

ゴルフのスイングでよく言われる「手打ち」にならないための、「カラダ」でスイングする事を、カンタンに覚えようと思ったら、ゴルフクラブより重いモノをゆったり、大きく振ってカラダでスイングするイメージを理解するのが一番です。

野球バットの素振りと言っても,ちゃんとスイングはゴルフのスイングをします。野球のように横に振るワケではありません。

ゴルフ練習 野球バット(バット素振りのイメージです、ゴルフです。)

そして素振りなのでボールを打つワケでもありません。ですが重いバットをカラダでゆったり振る事が解ると、手や腕の余計なチカラが抜けます

重いバットを振ってもフィニッシュでちゃんと立てるようになれば、しめたモノです。体幹がしっかり使えるようになります

昔は竹箒(たけぼうき)を振った?とか言うお話も聞きますが、今は野球バットもしくはそれに似た、ゴルフ練習用の素振りバットが市販されています。

❐意識して、グリップはトップに置いたまま、左尻を背中側に引く勢いでスイングします。

❐よく言われる下半身リードができるようになります

上手く使って、体幹でスイングするイメージを覚えましょう。わたしらのように歳をとればとるほど、体幹が使いにくくなってきます。

ドライバー(270g~330g)しかり、とにかくゴルフクラブは軽いのでカンタンに手で振れます、スイングできます。

なので、ついつい手だけで振って、ボールに当てて、そこそこちゃんと飛べば、自分で納得している事が多いです。ところが、いつも、常に、ちゃんと飛ぶワケではありません。

ゴルフ練習 野球バット(松山英樹の下半身リードでクラブを動かすイメージです。)

300g前後と軽いドライバーですが、しっかり下半身リードでカラダを使って振れれば,ヘッドスピードも上がります。腕や手で振っているのとは全く違う打球が打てます。

❐意識して、グリップはトップに置いたまま、左尻を背中側に引く勢いでスイングします。

そこがゴルフのハマりどころで、楽しいところなのかも知れませんが、よりいつも、ちゃんと飛ばすために野球バットもしくはゴルフ練習用の素振りバットを上手く使って、体幹で下半身リードでスイングするイメージを覚えましょう。

■野球バット素振りの練習方法の5つのポイントとは??

野球バット素振りのゴルフ練習の目的目標は、先ほどもお話しました体幹強化とヘッドスピードアップです。

ゴルフのスイングでよく言われる「手打ち」にならないための、「カラダ」でスイングする事を覚えるために、ゴルフクラブより重いモノをゆったり、大きく振ってスイングするイメージを覚えます。

❐練習方法のポイントとは??

(1)素振りのときに、フォローで風を切る音がするようにスイングする

よく言われるお話です。手と腕だけで振るとダウンスイングの最初辺り、カラダの右側で音がします。もちろん、右から左にスイングする場合のお話です。

下半身リードでとか、タメを作ってとか、言葉ではいろいろ世間で表現していますが、実際どうしたらそれができるのか、なかなかコレと言った説明がありません。

そこで、オススメは・・

野球バットをバックスイングしてトップまで上がったら、そのままトップに置いておくイメージです。あえて自分の手や腕で振らない、下ろさない、ダウンスイングしないようにしましょう。

よく言われる「下半身リード」で、左足カカトを踏み込んだり、左尻を背中側に引いたりするタイミングで下半身の体重を右足から左足に移すと、勝手に手が降りてきます。

そしてグリップをゆるーく握っていると、ちゃんとボールに当たります。余計に手にチカラが入ったりすると、カラダの前傾が崩れてカラダが起きたり、ボールを叩こうと思うとダフったりします。

ボールの付近を、なーんと無く見ていれば、腕のチカラが抜けているとうまくボールをヒットできます。コレは何回もやって体験するのが1番です。一瞬なので、それしか解りません。

勝手に降りてきた手は、遠心力でフォローまでスイングできます。この時に上手くデキルとフォローで風を切る音がします。

ポイントは、あえて自分の手や腕でで振らない、下ろさない、ダウンスイングしないようにしましょう。そしてグリップもトップでは、意識してグリップを握るチカラを抜きましょう。

ゴルフ練習 野球バット(下半身リードで勝手にグリップが降りてくるイメージです)

一瞬ですが、左手の親指で、バットを支えてる感覚だけです。トップに置いておきましょう。ブランコがゆったり揺れて一番高いところに到達した時のイメージです。

これ以上上にも行かず、でもまだ下に降りない感覚です。そこで手や腕を使わず、下半身リードで体重移動をします。

あえて「回転」という言葉は使いません。下半身リードで、左尻を後ろに引くパワーで、体重が右足から左足に移動する事で、野球バットがトップからフォローに動く事でカラダが「回転」したように見えるだけです。

回転しようと思って実際やると、なぜか上手く行きません。

(2)反対の右方向素振りも行います

最初の素振りは、右から左への素振りでしたが、その反対の左から右側へのバット素振り練習です。目的はカラダの左右バランスの調整です。

一般的にゴルフは右から左にスイングします。普段の練習でも右から左の一方通行ばかりパワーを使います。カラダの左右のバランスから考えると、カラダにはあまり良いとは言えません。

カラダの左右の筋肉バランスを整えるタメにも、普段から「バットの右素振り」も行ってスイングの感覚を覚えましょう。

バックスイングも、あまり一般的には言いませんが下半身リードです。右尻を後ろに引くイメージで上半身が右に向くイメージでグリップがバックスイングします。

グリップが右肩辺りまで来れば、ほぼほぼバックスイング完了ですが、「バットの右素振り」では遠心力も働いてより大きく動きます。

「バットの右素振り」を同様に行っていると、バックスイングに対するカラダの柔軟性も高めることができます。テークバックのカラダの使い方を意識すればより効果的です。

ゴルフ練習 野球バット

(3)左右の連続素振りもやってみましょう

今まで行った左側への素振りと右側への素振りを、連続して行います。最初はゆったり大きくカラダを使って、体幹を使って、下半身リードでバットを左右にスイングします。

最初カラダ、おへそは正面を向いたまま、フツーにアドレスするくらいに開いた右足と左足を、交互にゆっくり踏み込みながら、踏んだ勢いで左右に野球バットを振っていきます。

左右の踏み込むパワーが大きくなれば、バットの動きもゆったり大きくスイングできるようになります。バットの振れ、スイングに任せてカラダを捻りましょう。

野球バットをゆったり振ることで、体幹の筋力アップが期待できます。最初はたぶん1回振っただけでもカラダが揺れてぐらぐらしたり、左に振ったあとに左足で立っていられないと思います。

野球バットの素振りを繰り返す事で、体幹の筋力アップができてくると、左右同じ軌道で安定したスイングができるようになってきます。

手や腕、上半身のチカラを抜いて、下半身リードで野球バットの素振りを繰り返す事で、体幹や下半身の筋力アップを目指しましょう。

(4)仕上げはドライバーを振って、スイングを整えましょう

最後はドライバーを振って,ゴルフスイングを整えましょう。野球バットのような重いモノを振って、スイングリズムがゆったり大きく、カラダを使って振るスイングができるようになったら、そのイメージでドライバーを振ってみましょう。

ドライバーは軽いのでカンタンに手や腕でスイングできますが、野球バットをスイングしたイメージのまま、下半身リードで振ってみましょう。

野球バットを振った下半身リードのイメージそのままで、ドライバーをスイングします。カラダがブレないように、ドライバーは軽いですが、しっかり下半身リードのイメージでスイングしましょう。

❐松山英樹のドライバースイング画像です。(YouTube動画)【4分03秒】芹沢信雄プロが、わかりやすく解説しています。下半身リードのイメージです。

トップでのグリップにはチカラを入れず、ゆったり体幹、腹筋?を意識して、左尻の下半身リードでスイングしましょう。勝手にヘッドがボールに当たる感覚です!!。

重い野球バットと軽いドライバーをスイングすることで,カラダの感覚としてヘッドスピードも速くなることが期待できます。手や腕では無くて、カラダ、下半身を使ったスイングを覚えましょう。

ゴルフ練習 野球バット

(5)自分の体力に合わせて振れる野球バットを使いましょう(重要)

当たり前ですが、いくら体幹強化、体力アップと言っても、全く振れもしない重いバットでいきなり練習するとカラダ壊します。

自分の体力に合わせて、最初はちょっと重いかな?レベルの振れる野球バットを使いましょう。

ゴルフ練習 野球バット

「アザスゴルフ ドライバット」は、ツアープロからアマチュアまで使える、いろんな種類、重さ、長さの野球バットがあります。

グリップもゴルフのグリップが付いています。スイング練習がやりやすいです。
AZASドライバット

 

■いちばん、わかりやすい動画です!!

❐バット素振りをたくさんすると良いことがあります!!(YouTube動画)【3分49秒】

バット素振りのすすめです。バット素振り スイング作りに欠かせないバット素振りの練習方法 です。

「HARADAGOLF」 原田修平プロがレクチャーします!。札幌にてゴルフスクールを主催しているレッスンプロのハラダ修平プロが熱く、わかりやすく語ります。

 

❐バットを振るだけであなたは飛ばし屋になれます!?【芹澤信雄】(YouTube動画)【5分05秒】

女子プロとおじさんの違いは何か。 今回は飛距離を伸ばせるスイングバッド練習法を教えます!・・ということで 、あの芹沢信雄プロがバットの素振りの簡単な練習方法を解説します。

ハラダ修平プロとはまた違った観点から、バットの素振り練習方法をわかりやすく説明されています。いかがでしょうかぁ??。

 

■ちょっと面白い!?スイングの本質が解る素振りのお話です

今回の野球バットの素振りとは、ちょっとお話が違う素振りなのですが、意外とあまり知られていないと思ったのでさがしてきました。

❐「大車輪素振り」と言うそうです

基本ゴルフのスイングというのは、自分からスイング見ると、バックスイングからダウンスイングにかけては、時計回りの円を描くイメージだそうです。

グリップの動きは小さくても、クラブヘッドがバックスイングで上がって行くように見えるラインよりは、ダウンスイングで降りてくるラインの方が自分から見て時計回りのイメージだそうです。

その動きをもっと大きいイメージでやっているのが、「大車輪素振り」です。

(1)まず左にハンドル(時計回りの反対)を切るように、クラブヘッドをカラダの正面で左側に倒します。その状態でクラブをフォロー方向に振り上げます。

(2)クラブヘッドを頭上で背中側を回して、グリップをトップの位置に持ってきます。イメージは頭の上でクラブを回しながらトップの位置に持ってきます。

(3)いつものトップの位置から、このイメージで下ろしてくるとクラブに遠心力をかけることが実感できて、スイングの本質と言われる右回りさせる運動のイメージが分かりやすいです。

ゴルフ練習 野球バット

(上記の画像はHONDA GOLFから引用しました。)

この素振りをやるとクラブに遠心力をかけることが実感できます。スイングの本質がクラブを右回り(自分から見て時計回り)させる運動だと言われることがイメージできます。

自分から見て、時計回りで下ろしてくるには左ハンドル(時計回りの反対)を切るイメージでテークバックしたほうが動作のつながりが良くなります。

「大車輪素振り」はその動きを理解するのに最適な素振りゴルフ練習です。

野球バット素振りとはちょっと目的目標が違うのですが、体幹、下半身リードでスイングできるようになってくるとこの動きが理解できていると、やりやすい気がします。いかがでしょうかぁ??。

イチ→ ニイ→ サン→ シイ→ ゴ・・と、動きます。「大車輪素振り」です。実際はもっとスムースですが・・。コレは篠崎 愛プロがやっています。

ゴルフ練習 野球バット

(上記の画像はHONDA GOLFから引用しました。)

❐マナティ必殺の「大車輪ドリル」??これは飛ばしだけじゃない!(YouTube動画)【5分13秒】

そんな篠崎 愛プロの動画見つけました。あの大車輪素振りが大車輪ドリルとして、よりわかりやすく解説していただいています。

もうここまで来ると、野球バットの素振りからかなり遠い?ですが、ゴルフの素振り練習する中で、体幹強化とヘッドスピードアップの次ぎにきっと役立つ素振り練習法になると思います。

クラブは自分から見て「時計回り」に回る!!、大事です。そのための大車輪ドリルです。

 

■素振りのお話は、実は他にもいろいろあります!!

❐こちらは、タオルを使った素振りゴルフ練習のお話です。いつも思うのが練習方法の説明は良く見かけますが、何を目的にやってるのか?どこに注意するのか?どんな感じになったら正解なのか?意外とわかりません。

今回はそこをしっかり徹底調査してみました。タオルの素振りの目的目標しっかりやって、ゴルフスイング上手くなりましょう。

他にもタオルを脇に挟んで行う素振り、タオルをクラブのグリップに巻いてグリップの力加減を知る方法なども見つけました。

日頃のゴルフ練習の合間にいろいろ試してみて、フツーにやってる時との違いが感じれるだけでも、何かきっと新しい発見があります。

あの!?タオルをつかった、ゴルフ練習やってますか??

2020.10.05

❐自宅室内で行う素振りゴルフ練習で早く上手くなる方法です。そんなゴルフの素振りゴルフ練習はクラブさえあればデキルと言えばできます。

ボールを意識せず、理想のゴルフスイングをイメージしながら、いつでもどこでも、何度でもできます。しかも無料、タダでできる素振りゴルフ練習方法です。

ただただ、無心に何度も何度もタオルや棒を振り回すのも何もしないよりは、体力増強などの効果もあったりすると思いますが、ちょっと意識を変えると効果倍増する事もあります。

そんなこんなで、ゴルフ練習で一番上達が早い!!、素振り練習方法をいろいろ徹底調査してみました。

ゴルフ練習で一番上達が早い!!、素振り練習方法です。

2020.10.02

 

■まとめです・・

今回は、ゴルフ練習で一番上達が早い!!、野球バットの素振り練習方法のお話でした。やっぱり自宅で素振りゴルフ練習するときは、タオルや野球バットなどスイングに使う何か道具があればやりやすいです。

オウチゴルフ練習の強い味方、意外と打ちっぱなし練習だけではカバーできないゴルフ練習は自宅でやるのが一番です。スイングパワーのアップ、体幹強化です。

パターもアプローチも、そしてお金も場所も時間もかまわないバットの素振り練習もオウチで頑張りましょう。

いつでもデキル?と思うとなかなか逆にできない、やらない、続けない、となりがちです。

わたしらは毎朝、前の日の新聞を片付けたら玄関の外で体操とバット素振り練習をやってます。

なのでとにかく日にちと時間を決めて、毎日少しの時間でも続けるようにしましょう。継続はチカラ成り!!続ける限り失敗はありません。よろしくお願い致します!!。

松山英樹スケジュール予定確認表2022-23【11/11更新】最新版

2022.10.02

❐FaceBookもやってます。こちらです!!「ゴルフ通信!松山英樹応援ブログ 出張所

❐Twitterも何とかやってます、よろしくお願い致します!!「山田佳男@ゴルフ!松山英樹

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。