ゴルフ練習で上手くなる!、アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!

今回の応援ブログは、自宅室内で行うアプローチやパターのゴルフ練習で上手くなる方法です。そんなアプローチやパターの自宅ゴルフ練習はボールとクラブさえあればデキルと言えばできます。

座布団を壁に立てかけて、それに向かってウエッジでボールを打つ!!そんなアプローチの練習や、カーペットの上にペットボトルや紙コップを置いて、それに向かってのパッティング練習など、できない事はありません。

フローリングの床でやろうもんなら、メッチャ早い高速グリーンを体感できます。ボールの下にも座布団やバスタオルを敷けば、メッチャ難しいライからのアプローチの室内ゴルフ練習になります。

そんなお話をしてしまうと今日の「ゴルフ練習で上手くなる!、アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!」このテーマのお話が始まりません(笑)。

そんなゴルフ練習をもっと楽しく続けられるように、アプローチやパターの室内マットを選んで、いつもラウンドがイメージできるようなゴルフ練習をしましょう。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、そしてゴルフに頑張るアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、「ゴルフ練習で上手くなる!、アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!」のお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ練習 室内 マット

■必ず上手くなる!アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!

❒室内  アプローチマットの選び方

アプローチの室内マットは、とにかく芝目の長さだけに着目して選ぶと一番効果的です。とにかく、ゴルフ練習を続けたいので、安くて使いやすいマットを選びましょう。

(1)安くて使いやすいマットを選びましょう。

(2)最初から3wayタイプなど、多様性のあるタイプがおすすめです。

(3)苦手な芝の長さを、あえて選んでマット購入してみましょう。

その方が、汚れた時や傷が付いた時なども、余計な心配せずに思いっきりアプローチ練習ために活用できます。

製品によっては、芝の長さが微妙に異なるので最初から3wayタイプなど、多様性のあるタイプがおすすめです。一般的な製品の芝の長さは30mm・25mm・10mmの3種類で、様々な場面を想定した練習ができます。

ゴルフ練習 室内 マット

当然ですが初心者から上級者まで幅広く使用できます。色々な場面を想定し、イメージしながら自宅ゴルフ練習ができます。3wayタイプのマットなら室内で十分アプローチの技術を磨くことができます。

コレで今までの経験での、自分の苦手な芝の長さで苦手なポイントを克服するための自宅アプローチ練習ができます。初心者の方にはそのことからも、3wayタイプなど多様性のあるタイプがおすすめです。

ゴルフ練習 室内 マット

❒楽天市場 「アプローチ・室内ゴルフマット」リンクです。

自分の苦手な芝の長さがわかってる?(わかっているが克服できていない)アナタは、一歩踏み込んだ苦手の長さを、あえて選んでネット購入してみましょう。

ゴルフ練習 室内 マット(夢のような・・光景!)

❒室内  パターマットの選び方

アプローチマットに比べて、パター用のマットにはかなり色々なタイプがあります。特にフルショットではない、パター、パッティングは距離感と直進性が重要視される場面です、自宅練習すればするほど結果がついてきます

(1)カップのところに傾斜が無いものがおすすめです。

(2)芝の長さは「高速グリーンタイプ」がおすすめです。

(3)マットの長さや幅は室内の広さに合わせていろいろなタイプを選んでみましょう。

幅や長さは、自分が使いやすいマットを選ぶことで、自宅練習に集中でき、それが技術向上に繋がります。ボールカップの手前に傾斜が無いものがおすすめです。

結果、自分で傾斜を作ったり、ボールの微妙なタッチ、距離感、直進性などがわかる、本格的に自宅ゴルフ練習ができるタイプを選びましょう。

ボールの微妙な回転や力加減などを把握したい場合や、基礎的なパターを練習したい方は傾斜なしタイプを選びましょう。シンプルですがマットの下に雑誌などを入れることで、後で傾斜を作り出すことも可能になります。

一般的な製品では、芝の長さは「高速グリーンタイプ」がおすすめです。本物の芝のようなイメージが体感ができます。最初は慣れるまで大変かも知れませんが、力加減や距離感の自宅練習がしっかり練習できます。

「高速グリーンタイプ」のパターマットは、初心者も上級者も関係無く、室内ゴルフ練習で上手くなれる練習マットです。マットの長さや幅は室内の広さに合わせていろいろなタイプを選んでみましょう

ゴルフ練習 室内 マット

実際はマットの横幅が広いと、パッティングイメージがしやすく集中力も高まり、内容の濃い練習が可能になります。パターマット自体は収納もできるので場所に合わせて問題なく使用できます。

何度もいいますが、アプローチショットは意外と打ちっぱなし練習場ではもったいなくてできないとか?ありませんか。

打ち放題の場合は遠慮無くできますが、さすがにアプローチ100球(1000円~1500円)はもったいない気分です。なので、アプローチとパターは室内マットを買って自宅ゴルフ練習となるわけです。

ゴルフ練習で上手くなる!、アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!。自宅ゴルフ練習ができる環境を作ってみましょう。いかがでしょうかぁ??

■おすすめのゴルフ練習室内マットは・・コレです。

❒アプローチマットのおすすめです。

(1)3Wayゴルフマット

大きさは66cm✕42cmです。ブッシュ・ラフ・フェアウェイの3Wayです。各22cm✕42cmのサイズです。ブッシュの芝高が30mm・ラフが25mm・フェアウェイ10mmとなっています。

※売り切れ続出商品!!いま、どこにもありません・・(>_<)

❒高いのなら・・あります!!

(2)2Way ゴルフ練習マット

大きさは長さ62cm✕幅33cmです。ラフ・フェアウェイの2Wayです。各長さ62cm✕幅16cmのサイズです。ラフの芝高が30mm・フェアウェイ0.5mm(見た目)となっています。

(3)藤田タッチマット(室内専用アプローチマット)

藤田寛之プロ×タバタ共同開発のアプローチマットです。狙ったところに正確にヘッドを落とす事を確実に習得するために考えて作られています。

ソール跡の位置や、スイングの方向性からショットのズレがスイング痕を見てわかります。1球ごとに素振り・軌道を確かめる練習や、ボールを5球縦に並べての反復練習も可能です。

「藤田タッチマット」でボールの先のマットを削る練習を徹底的に行って、アプローチのダフリ・トップを改善し、狙ったところにヘッドを落とす感覚を身につけましょう。

(4)マットではありませんが、アプローチ名人です。

わたしらも、アプローチ用のマットは座布団で代用できなくもありませんし、的も最初はカーテンや座布団で代用していました。 練習用スポンジボールはだいたい6球5~600円で、そう高いものでもありません。

と思っていたのですが、実は違います。アプローチ練習は「ここ」という目標が一番大事なんです。自宅練習では、「この1点を狙う」集中力が必要となります。

ロブ・ピット・チップ・ランニングと4種類を打ち分ける練習もできるよう、的も通常の的のほか、ロブウェッジや転がし用の的も用意されています。

あくまでも自宅練習用として開発されています。高さ約1.2mという大型モデルでありながら、サイズ幅約600mm×奥行約420mm×高さ約1200mmと非常にコンパクトです。いかがでしょうかぁ??

※メーカー取り寄せ商品!!いま、時間かかります!!

(5)練習用スポンジボールです。

カラフルでよく見える練習用のゴルフボールです。材質がウレタンなので軽く、室内でも安心してアプローチ練習できます。

ウレタンボール ゴルフ 30個 ボール拾いも楽々です。いかがでしょうかぁ??

❒パターマットのおすすめです。

(1)45cm✕3m SUPERーBENTパターマット

体感グリーンスピード9フィート。まるでベント芝のような転がりを実現しています。ボールが沈み込まなくて、なお且つ柔らかい。マンションや2階の部屋で練習しても床に響かないので夜でも安心です。

そして、1枚のパターマットの打つ方向によって、順目と逆目の練習ができます

(2)30cm✕3m 高速・高グレード TOURNAMENTーSB パターマット

順目12フィート感覚を実現しました。ブレーキがかかることなく、ボールが狙ったライン上を流れていく感覚が味わえます。結果、手加減では制御できないので、安定したストロークを身につける練習に役立ちます。

本芝の高速グリーンと同じく、芝の刈高を短く、面積あたりの繊維数を増加させ緻密にしてスピードを向上させています。表面の特殊処理で繊維を収縮させる事により、本芝の高速グリーンを再現しています。

(3)ボールが出てくるパターカップ

パターマットの先に置いてパッティング練習をするときに、連続してカップインしても自動的に横からボールが流れ出る構造になっています。ボールがカップに残らないので、同じイメージで連続パッティング練習ができます。

当然ですが、カップの直径も108mmで実際と同じ大きさです。カップ入り口側には斜め回転のボールはカップインしない、絶妙な傾斜がつけられています。

■なぜ?室内マットを買ってまで、自宅ゴルフ練習が必要なのか??

実際ラウンドするときはショット全体の40%がパターということです。パターも1打、ドライバーショットも1打です。ゴルフは1打でも少ない打数で上がって、終わってナンボのスポーツです、ゲームです。

パー3で1オン2パット、パー4で2オン2パット、パー5で3オン2パット、そんなパー3が4回あります。そんなパー4が10回あります。そんなパー5が4回あります。

一般的には1ラウンドパー72とすると、半分の36打がパターだと言われています。それにパー4とパー5のアプローチを必ず1打加えるとしたら・・、プラス14打とすると。

わたしらのような初心者が100切りしようと考えたときにも、100打の半分、50打がアプローチとパターと言うことになります。

実はアプローチとパターがゴルフ練習の最重要課題です。

その50打がこれまたフルショットでナイと言うことが、実はけっこう大変な事なんです。フルショットは打ちっぱなし練習場などで練習できますが、近頃の1打10円~15円という打球代金になってくると考えますよね。

アプローチショットは意外と打ちっぱなし練習場ではもったいなくてできないとか?ありませんか。打ち放題の場合は遠慮無くできますが、さすがにアプローチ100球(1000円~1500円)はもったいない気分です。

なので、アプローチとパターは室内マットを買って自宅ゴルフ練習となるわけです。ゴルフ練習で上手くなる!、アプローチ&パターの室内マットはこう選ぶ!!。そんなお話です。

■アプローチ&パターの室内マットが決まったら、こうしよう!!

アプローチやパターに関連したレッスン記事を集めて見ました!!いかがでしょうかぁ??

室内マットが決まったら、これらの記事を参考にアプローチやパターの自宅ゴルフ練習を楽しみましょう!!。

ゴルフレッスン!アプローチの距離感、練習方法あれやこれや!!

2020.11.17

ゴルフ!パターの距離感がわかる練習方法!あれや・・これや・・。

2020.10.31

ゴルフ!ズバリ・・パター、パッティングの打ち方のコツ!!

2020.10.31

❒このゴルフマットを作ればスコアアップ間違い無し!!(YouTube動画)
ここまで自作でやれれば・・のお話ですが!!なかなか、すっごいですよ!!

■まとめです・・

今回は、アプローチやパターの自宅ゴルフ練習が必ず上手くなる、そんなアプローチやパターマットのお話を集めて見ました。やっぱり自宅で練習するときは、マットがあるかないかで大違いですね。

パッティングの時の実際グリーン上でのするタッチ、距離感これの練習、経験値を高めるためには室内マットでのパッティング練習が欠かせません。

アプローチもいろいろな距離感、打感のイメージを高める練習は室内マットでの反復練習が欠かせません。結局ゴルフはグリーン周りでのショートゲームが良いスコアのカギとなります。

実際のグリーンでは、パッテイングのタッチが合わないとどうにもなりません。アプローチでダフっていてはスコアになりません。

そのためにも、パッティングは自宅での傾斜の無いフツーのところでしっかりイメージ通りタッチを合わせられるようになる事です。アプローチもイメージ通りの高さで、打感で、いろんな芝目でボールが打ち出せる事です。

次のラウンドでは気持ちのいい1打、ナイスアプローチとナイスパッティングのために、室内マットを使って楽しくしっかり自宅ゴルフ練習しましょう。

松山英樹スケジュール確認表2021です【11/20更新】

2020.11.16

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。