ゴルフ練習で使いやすいカメラとスイングアプリ!!

今回は、ゴルフ練習で使える、使いやすいカメラとスイングアプリ!!のお話です。世間ではもうスマホのいろいろなアプリが全盛期です。そんな中ゴルフ関連アプリもそらぁ~いろいろあります。

そもそもわたしらがスイング撮影に使うカメラやスイングアプリに求める機能はなんなのか?

何を目的としてゴルフ練習でカメラやスイングアプリを使おうと思うのか、アナタのあーしたい、こーしたいがそのカメラとスイングアプリで叶うのか?そんなところが知りたいですよね。

日頃のゴルフ練習でカメラとスイングアプリを使って自分のスイングをカンタンにチェックできて、日頃の練習のお助けになる。そんなイメージを抱きながらの徹底調査です。

とかく自分のスイングを動画で客観視できたとしても、スイングの基本が理解できていないと悪いところがわかっても改善の方法がわからなくなります。

そんなカメラがとらえた、見た目と自分のスイングの感覚というのは、正直結構隔たりがあります。

ほとんどの皆さんは始めて自分のスイング動画を見たときあまりにも自分が思ってやっているイメージと違うのでガッカリすることが多いです。いかがでしょうかぁ??

今回の応援ブログは、ゴルフ練習で使える、使いやすいカメラとスイングアプリ!!のお話です。使えるカメラとスイングアプリ徹底調査です。

アプリ初心者のわたしらでもわかる、理解できるレベルのお話を徹底調査してみたいと思います。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、ゴルフバリバリのアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、ゴルフで使えるカメラとスイングアプリのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ練習 カメラカシオ エリクシリム EX-FC500S)

■ゴルフ練習で使いやすいカメラと言えば、コレです!!

いろいろネットでゴルフ練習で使いやすいカメラを探してみると、カシオさんがいろいろ開発されていたようですが、ほぼ2年前の2018年5月生産終了され、このカメラ部門から撤退しています。

現在市場に残っているのは、その時以来の中古ということになります。しかし探せば見つかります。使えます。

(1)カシオ エクシリム EX-FC500S

以前はコレが一般的にゴルフスイングを撮影するためのカメラでした。と言うことは、現在は生産終了しています。世間に残っているのは中古商品だけです。

ゴルファー向け「NEWハイスピードエクシリム」。自分のスイングをスローで録画・再生して分析や比較ができ、さらにスマホやタブレットにデータを送って大画面で確認可能。

カンタンに自分のスイングを見ることができるので、気軽にスイングの確認、修正ができるようになりました。もちろん理想のスイングが分かっていればのお話ですが・・。

2018年5月カシオは市場の縮小により赤字となっているEXILIM等のコンパクトデジタルカメラ事業からの撤退を発表しました。そして翌6月生産終了となりました。

1995年以来、カシオは23年間にわたりビジュアルコミュニケーションを楽しむツールとしてきた、コンパクトデジタルカメラの生産を終了しました。

あれから2年経ちますが、EX-FC500Sなど当時の製品はまだまだ中古ですが、楽天やAmazonで探せば見つかります。

EX-FC500Sの仕様など、詳しいところはココです!!

★☆中古ですが・・・これも無くなりました・・残念!!

 

(2)カシオ EX-SA10 GSET (2016年モデル)

ゴルフ練習でスイングの動きを自動撮影し、スイングの分析ができるハイスピードカメラと三脚などのセットです。2016年当時の店頭価格は45,000円前後でした。

現在は生産終了していますので、中古商品をAmazonや楽天市場で見つける事ができます。

ゴルフ練習 カメラ(三脚のてっぺんに付いているカメラです)

焦点距離16mmの広角レンズを備えた、耐衝撃・防塵・防水仕様のデジタルカメラ「EX-SA10」と、それを固定するミニ三脚、一脚ポール、バーマウント、さらにスマホを固定するホルダもセットにした製品です。

スマートフォン用のアプリ「EXILIM Connect for GOLF」を使い、カメラのEX-SA10のリモート操作ができます。ゴルフスイングをハイスピードムービーで撮影し、アドレスからフィニッシュの部分を抽出。スマホへ自動転送します。

スイングの動きを感知すると自動でセルフタイマーのカウントが始まり、カメラに触れずに撮影できる「モーションシャッター機能」を備えているので、ゴルフ練習時に1人でも撮影が可能です。

さらに、スイング分析用「EXILIM Analyzer for GOLF」というアプリも付属しています。

動画に重ねるようにラインを引いてアドレス、トップ、インパクトなどのポジションの確認をしたり、2画面同時再生機能を使って1回目と2回目のスイングを比較、フォームの分析ができます。(iPhone/Android アプリは両方あります)

カシオ EX-SA10 GSET (2016年モデル)仕様など詳細はこちらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライト-LITE-カシオデジカメ【EX-SA10BK Gset】【G-726】【送料無料】【smtb-ms】
価格:48950円(税込、送料無料) (2020/3/1時点)

楽天で購入

 

ちょっと全体的に三脚まで揃うと至れり尽くせりでありがたいのですが、個人的に練習場に持ち込むとなるとちょっと勇気が要ります。

さすがにもう・・売り切れです!!m(_ _)m

そこまで真剣じゃないのか??と言われると・・販売価格(¥45,000.-)とも相談したくなります。所詮わたしらは、そんな感じです。ちょっと手が出ません。(>_<)

以上2点がゴルフ練習で使える現在のカメラ事情です。

そういうことならば・・とりあえず、スマホのカメラで十分か?と言うことになります。いかがでしょうかぁ??

■これは使える!!スイング撮影アプリです。

いろいろネットなどで皆さんに聞いて見ると、近頃はスマホの動画撮影機能が十分使えるので、あまりスイングアプリをダウンロードしてまでスイングチェックを細かくする事は無さそうです。

カンタンに動画撮影ができて、スグ確認ができて、自分のイメージと実際の動画の感じとの違いが確認できればOK!!そんな感じです。

そんな中でも一度はスマホにスイングアプリをダウンロードして使って見たいと思ったらコレです!!

(1)Kizuki(気づき)

Kizuki ゴルフスイングチェッカー」です。iPhoneでもAndroidでも使えます。

KiZuKiは、スマホのカメラで撮影したスイング練習動画などを簡単に取り込むことができます。定番中の定番ソフトです。

ゴルフ練習 カメラ(こんな連続スロー再生も可能です。Kizukiです)

❒ゴルフスイングチェック「Kizuki」の使い方!!(YouTube動画)

1,取り込んだ動画を最適化(5秒間(1スイング分)で約2分間の処理時間がかかります)する事により、スロー再生やコマ送り、巻き戻しなどをツマミ機能で簡単にスムースに操作できるようになります。

2,各番手別・撮影日等での並び替えもできるので、上達の軌跡や調子が悪くなったときの見返し用にも使えます。

3,各動画毎にメモが残せます。修正したい部分や自分のクセ等、気付いた事をその動画毎に残せます。各動画に細かくメモを残すことで時系列で自分がどのような練習をしてきたか全体で確認できるので事でレッスンのモチベーションの維持にも効果的です。

(2)ゴルフスイングフォームチェッカー

「ゴルフスイングフォームチェッカー」です。iPhoneでもAndroidでも使えます。

ゴルフスイングを撮影録画し、それに線や円を描きこむことで、スイングやフォームをチェックできるアプリです。アプリを起動するとギャラリーという動画の選択画面から、チェックしたい動画を選択します。

撮影した動画の一時停止、スロー再生が可能です。一時停止した状態で動画の上に丸や直線を描いてスイングの確認ができます。

ゴルフ練習 カメラ(Android版の画面です。ゴルフスイングフォームチェッカー)

1,フロントまたは、バックカメラを使用して3分間録画出来ます。

2,アプリを起動すると、次にSDカードに保存されている動画を選択する画面になります。録画した動画の好きなところだけ切出すこともできます。

3,リストから選択すると動画が再生されます。スロー再生も可能です。

4,画面内には円と線を5個ずつまで描くことが可能です。メニューから描画をリセットすることも可能です。

5,移動モードでは、描いた線、円を動かすことができ、動画再生中でも自由に描画することができます。使い方について確認のできる、Help機能もあります。

(3)Coach’s Eye

「Coach’s Eye (コーチズ・アイ)」です。iPhoneでもAndroidでも使えます。

Coach’s Eyeは、特徴は再生時の画面下部の目盛りが非常に使いやすく、スクロールさせる加減によって、微妙な再生速度を変えられることです。

動画の比較も簡単にできます。開始地点だけ合わせれば、あとはスクロールで2つの動画が同時に動かすことができ比較がやりやすいです。

素振りと本気のスイングの違いが一発で確認できます。スバラシイです!!。

❒Coach’s Eye 3.0 Video Analysis Tools (YouTube動画)(1分59秒)

ごちゃごちゃ言うより見た方が早い!!Coach’s Eye 3.0の解説動画です。英語版ですが、みているだけで何となくわかります。分かりやすい動画です。いかがでしょうかぁ??

意外とオススメです!!

1,基本的に動画を撮影し、後からスロー再生や逆戻しなどが可能です。

2,再生時の画面下部の目盛りが使いやすく、スクロールさせる加減によって、微妙に再生速度を可変できます。スクロールを右、左と変えることで簡単に動画の先送りと逆戻しが可能です。

3,動画に線や丸、四角などの図形書き込みも可能です。

4,動画の開始地点だけ合わせれば、スクロールで2つの動画が同時に動かす事ができます。2つの動画の比較が簡単にできます。

(4)Swing Profile Golf Analyzer

「Swing Profile(スイング・プロフィール)」です。。今のところ・・iPhone専用です。

ゴルフスイングをスマートフォンで自動撮影して、すぐに録画したスイングを再生確認する事ができます。チャットをすることもできるので、お互いのフォームをスローモーションで細かくじっくりと観察する事ができます。

録画した動画を簡単にシェアすることができるので、離れているコーチなどに見せてアドバイスを得ることができます。

このソフト最大の特徴は、特別な感知器ナシに完全にハンズフリーで自動録画、再生して自分のプレイを確認できる事です。

❒Swing Profile Golf App(英語版)(YouTube動画)

見るだけで何となく使い方が、たった54秒でイメージできます。

意外とオススメです!!

1,自動再生ゴルフスイングアプリです。スイングのあと即スローモーション再生して、確認する事ができます。

2,自動スイング感知機能が使えます。ゴルフスイングをハンズフリーで撮影可能です。

3,自動スイング連続画像作成。ゴルフ雑誌でよく見るような、プロの連続撮影画像が作成可能です。

4,スイングプレーン自動撮影描写。撮影するとオートマチックに2秒間のスイングに画像カット可能(自動トリム機能)です。余計なところが残りません。

5,どんな2つのゴルフスィングも自動同期化します。素振りと本気の比較も簡単にできます。

6,スローモーション撮影、グループチャット、クラウド保存などが可能でゴルフスクールやゴルフチームのレッスンで役立ちます。

(5)ビデオShow

「ビデオShow」です。。iPhoneでもAndroidでも使えます。

ゴルフスイングを撮影することのに特化してません。フツーに写真、動画を使って時間制限のないムービーが無料で作成できるアプリです。

どこで調べても、特徴としては無料で時間制限のない動画・スライドショーが作成できる事がメリットになっています。悪い評価としては、「編集の時の細かな調整がしにくかった」ということですから、あくまでも動画を撮って自分でスイングチェックするためだけのソフトという感じです。

ビデオShowの「詳しい使い方と説明マニュアル」です。ゴルフのスイング撮影だけにこだわらずいろいろやって見たいという皆さんにはイイかも知れません。いかがでしょうかぁ??(^^)/

■ゴルフ練習で、スイング撮影するときのポイントとは?

スイングアプリにはそれぞれいろんな機能があって、スロー再生したり、スイングプレーンが確認できたり、自分の前傾角度が思ってるイメージ通りかどうかまで確認できます。

至れり尽くせりですね、とは言うもののそんなスイングの分析を正確にするためには、まず正確に動画を録画しなければいけません。

スイング動画撮影のポイントをまとめて見ました。

ゴルフ練習 カメラ

(1)カメラを設置する高さとは?

カメラの狙う高さ、結構重要です。地面から50cm~80cmの範囲で両ヒザとスタンスを取った時のグリップより低い位置が狙い目です。

できるだけいつも同じ高さで撮影するようにすると、過去の動画と比較するときに解りやすくなります。グリップより高い位置で撮影するのはNGです。注意しましょう。

(2)ボール位置からどれだけカメラを離すのか?

だいたいの距離はボールから4メートル前後です。結構離れてます、アドレスしたときには画面に収まっていたのに、実際スイングしてみると腕、グリップ、クラブヘッドがはみ出てしまって確認できなければ、せっかくの動画撮影の意味がなくなってしまいます。

なのでなかなか打ちっぱなし練習場では気を使います。2階席の一番端とか、他のお客様に迷惑にならない場所、時間帯を考えましょう。

(3)縦画面で取るか、横画面でとるか?

これは迷わず縦画面で撮ると決めておきましょう。縦画面で撮影する方がより近くでスマホを構える、設置することができます。練習場では好都合です。

(4)後方から撮影する場合の目標位置はどこなのか?

後方から撮影する場合も、先ほどと同様に垂直位置はヒザとグリップの間です。水平位置のイメージはボール位置とグリップの1/2の場所です。

(5)正面から撮影する場合の目標位置はどこなのか?

正面から撮影する場合も、先ほどと同様に垂直位置はヒザとグリップの間です。水平位置のイメージはボールの正面を狙います。

くれぐれも他のお客様の迷惑にならないように注意して撮影を行いましょう。

ゴルフ練習 カメラ(ゴルフバッグなどに取り付ける器具もあります)

(6)撮影機材としては、どうなのか?

当然ですが・・iphoneなどお手持ちのスマホです。そして、結構ひとりで練習する場合が多いので、撮影も一人ですることになります。そうなれば、三脚は必須アイテムです。

わたしらは、自撮り用の固定ホルダーを使っています。たまたまなのか、ホルダーのグリップエンドに三脚のネジ山とピッタシ合うネジ穴が開いていたのでラッキーでした。

なければこんな画像のようなホルダーが必要になります。いかがでしょうかぁ??

三脚は軽量のアルミ製、重さ325g足は3段階で高さ35cm~1033cmまで調節が可能です。ミニ、コンパクト 、デジカメ、一眼レフ、ビデオカメラともに対応できる三脚です。

3WAY雲台なのでパン、チルトの角度調整と縦位置、横位置の切り替えがワンタッチでできます。しかもiphonなどスマホ用固定ホルダー付きです。

❒【自撮り】スイングチェックに最適なグッズ見つけた!(YouTube動画)

❒軽量アルミ三脚 スマホ用固定クリップ付き

❒スマホザウルス  スマートフォンクリップ
ゴルフバッグなどに取り付けたり、テーブルに置いて立てたりしての動画撮影が可能です。

タコ風 スマートフォンの三脚 ホルダー
自撮りシャッター付き、 軽量 小型で 様々な角度に調整可能な三脚ホルダーです。「 TAKO28CM」

■まとめです・・

今回は、ゴルフ練習で使える、使いやすいカメラとスイングアプリ!!のお話でした。まあ本当にいろいろあります。そんななかでも本当の本物はどれなのか、なかなかわかりづらいのが本音です。

そんな数あるカメラとスイングアプリのなかでも、本当に使いやすい、使えるスイングアプリはどれなのか・・、いろいろ徹底調査してみた結果、いかがでしょうかぁ??

そもそもわたしらがゴルフスイングアプリに求める機能はなんなのか?何を目的としてスイングアプリを使おうと思うのか、アナタのあーしたい、こーしたいがそのスイングアプリで叶うのか?

自分のスイングが客観的に確認できて、自分のスイングイメージとの差を埋めることができれば正解ではないでしょうか。

こんな記事もあります!「ゴルフ練習で使える、使いやすいスイングアプリ!!(iPhone・Android編)」コレも一緒にどうぞ!!

松山英樹スケジュール確認表2021です【11/20更新】

2020.11.16

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。今後ともよろしくお願いいたします。