ゴルフ!アイアンのヘッドの置き方??って、知ってますよね??

今回は、アイアンのヘッドの置き方??って、そんな言い方すると何かと思いますが、アドレスするときの構えた時のお話です。

アドレスとは、ゴルフボールを打つために構えることです。ポスチャー(姿勢)、スタンス(足の位置)を決め、クラブをソール(接地)させることでアドレスが完成します。

アイアンを持ってボールに向かってアドレスで構えた時、ソールするとき、どんな風にアイアンのヘッドをボールに対して置いてますか?そんなお話です。

なんか?あるの?そう思った皆様、あるんです。ボールを打ち出す方向に向かって、アイアンのフェースを直角に当たるように構えるとか・・?。

フェースを直角に・・って、どこを基準に合わせるとか?。なんでそうするの・・とか、なんでそこにこだわるの・・とか、今回またまた徹底調査してみたいと思います。

テニスやホッケーと違い、ゴルフは止まっているボールを打つというちょっと特殊なスポーツです。
そんな特色を最大限に生かすには、アドレスがとても大切になってきます。

アイアンヘッドの置き方、なんかあるはずのその基準、徹底調査です。

ところで・・松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2019年7月23日現在、28位というところです、賞金額はトータル、258万2,371ドル(約2億8,105万円)となっています。

WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(TPCサウスウィンド・テネシー州)、最終日、30位から出た松山英樹は1バーディ3ボギーの「72」と落とし、通算イーブンパーの43位で今季の世界ゴルフ選手権を終えています。

初投入したスコッティキャメロンのパターを4日間手にしたグリーン上でも、「本当に酷いミスパットはほとんどなかった」というだけに、一筋違いでカップを逸れて驚くような表情も多かったように思います。

次週は今季レギュラーツアーの最終戦「ウィンダム選手権」に出場します!!応援よろしくお願いします。(^^)/

今回は、アイアンのヘッドの置き方?って、そんな言い方すると何かと思ってしまいますが、アドレスするときのアイアンの構え方のお話です。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、ゴルフが生活の一部になってしまったアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、アイアンのヘッドの置き方、アドレスするときのアイアンの構え方のお話です!。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方(アイアンショットを気持ち良くしましょう!!)

■アドレスしたときの自分目線で見た、アイアンヘッドの置き方

意外と正直ここまでこだわって無かった?と言えばそれまでですが(笑)実際構えてみるとわかりますね、違います。

そして、それで打って見ると、もっとわかります。いままでの打感、感触が違います。アイアンヘッドの置き方目からウロコ??です。

今までもそこそこフツーに良かったのですが、もっとしっかりつかまった感があります。きもちイイですよ!!

というわけで、アドレスしたときの自分目線で見た、アイアンヘッドの置き方です。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No1(右側が正解です)

上の画像(No1)をご確認下さい・・

左側はネック(黒いところ)とリーディングエッジ(アイアンフェイスの下の部分)を結んだ直線(赤い線)を飛球線(ボールの打ち出し方向)に対して直角に合わせたイメージ画像です。

当然リーディングエッジは直角に合っています(赤いライン)が、フェース面は画像で見る限り開いたイメージです。

右側はネックとトゥ(画像ではトップブレードと書いてますが)を飛球線に対して直角に合わせたイメージ画像です。

赤いラインは直角に合っていますが、フェース面は画像で見る限りかなり閉じたイメージです。

この画像(No1)だけでは、なかなかわかりづらいのでこんな画像(No2)の見つけました。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No2(右側が正解です)

先ほどと同じように・・

左側はネックとリーディングエッジ(画像ではフェースと書いてますが)を結んだ直線(黄色い線)を飛球線(ボールの打ち出し方向)に対して直角に合わせたイメージ画像です。

当然リーディングエッジは直角に合っています(黄色い線)が、フェース面に貼り付けたティーの方向は、飛球線に対して右側を向いています。ボールの打ち出し方向に対して直角にはなっていません。

右側はネックとトゥを結んだ直線(黄色い線)を飛球線(ボールの打ち出し方向)に対して直角に合わせたイメージ画像です。

フェース面に貼り付けたティーの方向が、飛球線方向を向いています。ボールの打ち出し方向に対して直角になっています。いかがでしょうかぁ??

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No3

そんなアイアンについて、ちょっと見た目と違った構え方をするのには、ワケがあります。

アイアンのヘッドは一般的にシャフトの中心線よりは、見た目右側に付いています

オフセット構造と言います。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No4(グースネックはボールのつかまりがイイ!)

ストレートネックならまだ大丈夫ですが、近頃のアイアンはオフセット構造のグースネックがほとんどです。

❒グースネックとは・・

シャフトに対してフェースの部分が後ろ側にくるネック形状のことを言います。ちょうどそのネックの曲がっているカタチがガチョウの首のように見える?ため、そう呼ばれるようになったそうです。

グースネックのアイアンは構えた時にシャフトの延長線上よりも後ろ側にフェース部分がきます。その1番のメリットは、ボールのつかまりがよくなる事です。

ボールのつかまりが良いとボールにスイングの力を伝えやすく、まっすぐ飛ばせるため、飛距離と方向性を高められます

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No5

ボールのつかまりが良くなるというグースネックのアイアンのメリットには、重心角(No5)と言われるのものが大きく関係しています。

重心角とはクラブを机などの上に置いた場合、フェースがどの方向を指すか、またその角度がどのくらいであるかを表す数値です。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No6(左のクラブの方が重心角が大きい・・)

フェースが地面に対して垂直に近づくほどに重心角は小さく、その逆は重心角が大きくなります。グースネックのアイアンはこの重心角が大きくなる傾向があります。

重心角が大きいアイアンほど打球のつかまりがよく、反対にストレートネックのアイアンは重心角が小さいため、グースネックに比べるとつかまりも悪くなると言われています。

ということで、ボールのつかまりが良い、グースネックのアイアンヘッドを構えるときは、ヘッドの置き方に注意して、クラブのネックとトゥを結んだ線が飛球線と直角になるよう(No2)にセットする事が重要だと言えます。

そうすることで、見た目はフェース面が飛球線方向を向いていないように見える場合(No1)もありますが、見た目と実際は違って、それが正解と言うことになります。

グースネックのアイアンでは、飛球線に対して、フェースのリーディングエッジを直角に合わせるのではなく、クラブのネックとトゥを結んだ線(No2)を直角に合わせる事が正解です。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方(グースネックアイアンは、このイメージです)

以上がアドレスしたときの自分目線で見た、グースネックのアイアンヘッドの置き方です。いかがでしょうかぁ??

ここから、ハンドファーストの位置、グリップエンドを左股関節の内側方向に傾けてアドレスをすると見た目にもリーディングエッジを飛球線方向に直角に向けた時と同じように見えるようになります。

最初から左股関節(左ふともも)の内側にグリップエンドをセットしてアドレスを構えるという方法もアリですが、この方法をとると、左手のグリップの握り方がかなりフックグリップになりすぎてしまいます。

かといって、アドレスしたときの自分目線で見た、グースネックのアイアンヘッドのリーディングエッジを飛球線に直角に置いてから、左股関節(左ふともも)の内側に倒してハンドファーストの構えると、アイアンのフェースが開いた状態のアドレスになります。

ちょっと面倒なのですが・・、まずカラダの中央でクラブのネックとトゥを結んだ線(No2)を直角に合わせてから、右手でグリップエンドを左股関節の内側方向に向けてから、左手で肩にも腕にもチカラが入っていない状態で自然にグリップします。それから右手もフツーに添えます、グリップします。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方(アドレスの見た目は同じですが、作り方が違います!!)

コレが正解のようです。いかがでしょうかぁ??

 

■飛球線前方、フェイス面方向から見たときの、アイアンヘッドの置き方

先ほどは、ボールに対して上から目線のアイアンヘッドの置き方のお話でしたが、ここからは飛球線前方、フェイス面方向から見たときのアイアンヘッドの置き方、構え方のお話です。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方

No7(10円玉の隙間がデキルのが、適正ライ角)

早速ですが、(No7)の画像のように、水平な床面にアイアンをアドレスしたときにちょうどトゥの下側に10円玉が入るほどの隙間がデキルような「ライ角」が、そのゴルファーにあった適正ライ角と言われています。

適正なライ角のあるアイアンでスイングすると、ボールはフツーに真っ直ぐ飛球線方向に飛び出します

 

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No8(①アップライト、②適正、③フラットなライ角)

ところが、No8の画像のような・・

①トゥが上がるアップライトなライ角

③ヒールが上がるフラットなライ角

以上のような場合はそれぞれの矢印が示すように、ボールが左右に曲がる傾向になります。

クラブ自体のライ角を調整する事は、クラブ自体の材質によってデキルものとできないものがありますが、一般的にはゴルファーがアドレスをした時に意識して、注意して修正する事ができます。

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No9(左は極端なハンドダウン、右側はハンドアップ)

No9の画像は、極端な例ですが左側は極端なハンドダウン、グリップ位置が下がりすぎてクラブのトゥ(先っちょ)が上がりすぎています。

右側は逆に、右側はハンドアップし過ぎてフラットなライ角になっています。

一般的にはアドレスでこんな極端な事はないと思われますが、フツーにアドレスして、先ほどの適正なライ角がデキルようなアイアンが自分に合ったアイアンと言うことです。

アイアンスイングのフツーなアドレスについてはこの記事がオススメです↓↓

ゴルフ!アイアンスイング、コックや手首の使い方は後ろから見るとわかります!!

ではなぜ・・フツーにアドレスして、トゥの部分に10円玉が入るのが適正なライ角というか?ですが、

ゴルフ アイアン ヘッド 置き方No10(インパクト時に、トゥが下がる現象)

アイアンをスイングすると、遠心力によってインパクト時、ヘッドがボールに当たる付近で(No10)トゥダウン現象が発生するそうです。

遠心力によってトゥダウン現象が発生し、アイアンのトゥが下がって、結果的に適正なライ角になってボールが真っ直ぐ思った方向に飛び出すと言うことになります。

そのためトゥ側に10円玉の隙間がデキルライ角が、適正ライ角といわれています。フツーにアドレスしたときに、ムリせず適正ライ角に構えられるアイアンがベストです。

飛球線前方、フェイス面方向から見たときのアイアンヘッドの置き方、構え方とは、フツーにアドレスしたときに適正ライ角に構えるということです。いかがでしょうかぁ??

■アイアン関連のオススメ記事です!!

アイアンクラブの超オススメ記事でございます!!、アイアンについて、アナタの知りたい事がスグわかる。

かゆいところに手が届く!!日頃のモヤモヤが解消する!!きっとスッキリ気分でこれからラウンドできます。いかがでしょうかぁ??

ゴルフ!アイアンをヘッドの種類で分けてみたら!?・・こんな感じです!!

アイアンのクラブヘッドのカタチに注目すると、大きく分けて3種類に分かれるようです。マッスルタイプ、キャビティタイプ、それとポケットキャビティタイプです。

そんなアイアンを、クラブヘッドのカタチでもっと細かく種類を分けるとすると、6種類に分かれるようです。

6種類に分かれるといわれる、今どきのアイアンを徹底調査してみました。これからのアナタのアイアン選びの参考になれば最高ですね!!

ゴルフ!アイアンの打ち方とスイングの方法、初心者もわかりやすいコツ!満載。

アイアンの打ち方とスイングの方法、初心者もわかりやすいコツ。ヒトもいろいろなんで、ゴルフアイアンのスイングで、コレが絶対うまく行くというのはあるのか、無いのか。

アイアンスイングの打ち方とスイングの方法、そのわかりやすいコツです!!。実際どうスイングするのがいいのか、今さらのアイアンスイング。

ゴルフでいう、本当のアイアンの打ち方とスイングの方法とは何なのか?。そのゴルフスイングはどこが、どう違うのか、などなど徹底調査です。

ゴルフ!各アイアンの飛距離の目安って、平均どれくらいですか?

ヒトもいろいろなんで、ゴルフのアイアンで、各アイアンの飛距離の平均の目安ってどれくらいなのか、普通ってどれくらいなのか?気になりますよね??

ゴルフクラブ、道具のせいにして新しいクラブを探しに出るか?もう一度基本に返って考え直すか、ちょっと悩み出します。

ゴルフでいう、アイアンの飛距離の平均の目安とはどれくらいなのか?。そのゴルフスイングはどこが、どう違うのか、などなど徹底調査して見ました。

■まず、PGA賞金王になるまで応援するでぇ~

今回のお話、いかがでしょうかぁ??ボールに対するアイアンヘッドの置き方。直角にするための方法。

実際クラブヘッドをボールのヨコに置いた時、真っ直ぐ目標方向を向いているかもハッキリしないのに、なーんて言ってしまえば何も始まりません。

フェースの向き(リーディングエッジ)で合わすのか、クラブヘッドのトゥ(先っちょ)とネック(シャフトとヘッドのつなぎ目)を結んだ直線で合わせるかで結果大きな違いになります。

わたしらはホンマに「アイアンがへたやなぁ~」と思っていたのが、「いやいやそうでもないでぇ!」に変わるきっかけになるかも知れません。練習あるのみです!!。

スイングとは、ただゴルフクラブを両手で持って振る、ボールを飛ばすことだけと言えばそれまでですが、アイアンのクラブヘッドの付き方がチョット普通ではありません。アイアンヘッドの置き方がポイントになります。

なので、このスイングというのがゴルフにおいては大変重要なことになっています。たかがスイングされどスイング。最初はなかなかボールは思ったように飛びません。

ゴルフクラブの上げ方、バックスイングの方向、両腕の使い方、ダウンスイングのタイミング、その方向と目標。カラダのチカラの入れ具合の変化など、一瞬のスイングの世界にいろいろ考えるなんてできません。

とかなんとかイイながら、ゴルフは明るく!楽しく!!元気よく!!楽しみましょう!!(^^)/

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。いつもありがとうございます。

こちらの記事も多く読まれています!

    None Found